おしえて先生

原因不明の蕁麻疹

ろまんちっく(#)・20~29歳女性 2011/10/11 投稿

1日中プールに入った日、夕方から突然原因不明の蕁麻疹が現れました。
病院で薬を処方してもらいましたが、まったく効果なく1ヵ月が過ぎました。
2日に1回は手足や顔に赤みかゆみが現れます。
自宅に虫がいるのではと考えましたが、自宅でも旅行中でも症状は同じでした。
日中仕事をしているときはそれほどひどくはなりません。
何が原因か知りたいです。よろしくお願いいたします。

皮膚科医を信じて治療を

プールに入ったあと数時間たってから蕁麻疹が出たとのことですね。
プールに入っているあいだ、または上がってすぐに出たのでしたら寒冷蕁麻疹ですが、今回のろまんちっくさんの場合は、プールの水温は関係なかったと考えられます。
その後は、プールには入っていませんか?また、部屋の中での冷房などで蕁麻疹は出ませんか?温度の変化にも注意して観察ください。
仮に、温度が関係ないとすれば、可能性は食事内容です。
アレルギーの原因となる物質は不明でも、サリチル酸がある程度高濃度に含まれている食べ物を摂ると、蕁麻疹が出やすくなります。
多くに慢性蕁麻疹は原因が不明ですが、皮膚科専門医の先生で蕁麻疹に詳しい方ですと、抗ヒスタミン剤を用いて膨疹が出ないように工夫してくれます。
また、頻度は低いですが、膠原病などで蕁麻疹が出ることがあります。
その時は、一般には蕁麻疹のあとに色素沈着などの症状が出ます。
ぜひ、皮膚科の専門医を受診ください。
治療を受けても慢性蕁麻疹では、皮疹が出なくなるまで何ヵ月~何年もかかりますので、皮膚科の先生を信じて治療を受けてください。

ご回答いただいた

市橋 正光 先生

ドクター
ご活躍の場所 アーツ銀座クリニック 院長
ご専門 皮膚科学(光線過敏症、皮膚がん、色素異常症、美容)、再生医療
ご経歴 神戸医科大学 卒業
神戸大学大学院医学研究科 修了
ロンドン大学皮膚科学研究所 留学
神戸大学医学部 教授
サンクリニック・サンケア研究所
森之宮医療大学抗加齢研究所長
再生未来クリニック・神戸 院長を経て、現職
所属団体 日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本色素細胞学会、日本光医学・光生物学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会、日本レーザー治療学会、NPO幹細胞治療研究機構、見た目のアンチエイジング研究会、細胞再生医療研究会、糖化ストレス研究会、国際医科学研究会、生命機能研究会、白斑研究会、日本コエンザイムQ協会、カシス協会
先生からの一言 人生を心身ともに健康に生きるには顔の肌のシミやシワなど、見た目の若さが大切です。そのためには太陽紫外線の有害性を知り、皮膚細胞のはたらきを高めることです。アンチエイジングであなたも若返りましょう。