お薬検索

ハイセチンP軟膏

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 ハイセチンP軟膏
主成分 クロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩、プレドニゾロン
分類名称 化膿性疾患用剤
剤形 乳白色ゼリー状の軟膏剤
商品画像
製薬会社 富士製薬工業株式会社
効能 タンパク質合成阻害型の抗生物質、アミノグリコシド系抗生物質、抗炎症作用を有するステロイドの配合剤で、抗菌作用を示します。
通常、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、湿疹・皮膚炎群、外傷・熱傷および手術創の二次感染などの皮膚感染症の治療に使用されます。
使用上の注意
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。皮膚感染、皮膚結核、単純疱疹、水痘、帯状疱疹、種痘疹、真菌症、鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎、潰瘍・第2度深在性以上の熱傷・凍傷がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)。
  • 用法・容量
  • 通常、1日1~数回清潔な手指で患部にうすく塗ります。もしくはガーゼにぬって患部にはります。症状によって適宜増減されます。必ず指示された使用方法に従ってください。
  • 眼科用としては使用しないでください。
  • 使い忘れた場合は気がついたときにすぐ使用してください。そのあとは指示通りに使用してください。
  • 誤って多く使った場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で使うのを止めないでください。
  • 生活上の注意
  • 化粧下、ひげそり後に使わないでください。
  • 副作用 主な副作用として、真菌症、ウイルス感染症、発疹、皮膚の刺激感、接触性皮膚炎などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 該当する記載事項はありません。

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児・小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • 同じ薬効の薬を探す 化膿性疾患用剤
    同じ成分の薬を探す クロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩、プレドニゾロン
    同じ製薬会社の薬を探す 富士製薬工業株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。