お薬検索

クラリスロマイシン錠小児用50mg「タカタ」

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 クラリスロマイシン錠小児用50mg「タカタ」
主成分 クラリスロマイシン
分類名称 主としてグラム陽性菌、マイコプラズマに作用するもの
剤形 白色の錠剤、直径約6.1mm、厚さ約3.4mm
商品画像
製薬会社 高田製薬株式会社
効能 マクロライド系の抗生物質で、細菌などの蛋白合成を阻害することにより抗菌作用を示します。
通常、皮膚、呼吸器、消化器、耳鼻科など広い範囲の感染症や後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の治療に用いられます。
使用上の注意
  • 以前に薬や食べ物で、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。肝機能障害、腎機能障害、心疾患、低カリウム血症がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
  • 用法・容量
  • 一般感染症:通常、小児は1日体重1kgあたり主成分として10~15mg(力価)を2~3回に分けて服用しますが、レジオネラ肺炎では1日体重1kgあたり15mg(力価)を2~3回に分けて服用します。小児では1日8錠〔主成分として400mg(力価)〕が上限とされています。
    後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症
    :通常、小児は1日体重1kgあたり主成分として15mg(力価)を2回に分けて服用します。
    本剤は1錠中に主成分50mg(力価)を含有します。いずれの場合も、治療を受ける年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は、気がついたときにできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次に飲む時間が近いときは、1回とばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
  • 生活上の注意
    副作用 主な副作用として、発疹、幻覚、失見当識(場所、時間、名前などが判らない)、意識障害、せん妄、躁病(上機嫌、興奮しやすい、活動的になる)、振戦(手足のふるえ)、しびれ、味覚異常、耳鳴、聴力低下、嗅覚異常、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、口腔内びらん、歯牙変色、筋肉痛、カンジダ症(外性器などの発疹・ただれ・かゆみ、口内炎、飲み込みにくい)、動悸、低血糖などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 呼吸困難、けいれん、全身のかゆみを伴った発赤 [ショック、アナフィラキシー様症状]
  • 動悸、胸痛、息切れ [QT延長、心室頻拍、心室細動]
  • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる [劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全]
  • 全身倦怠感、発熱、皮下・粘膜下出血 [血小板減少、汎血球減少、溶血性貧血、白血球減少、無顆粒球症]
  • 発熱、眼の充血、皮膚の赤い発疹 [皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、多形紅斑]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • 同じ薬効の薬を探す 主としてグラム陽性菌、マイコプラズマに作用するもの
    同じ成分の薬を探す クラリスロマイシン
    同じ製薬会社の薬を探す 高田製薬株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※「薬検索:処方薬」では、「一般社団法人 くすりの適正使用協議会」が提供する「くすりのしおり®」のデータを利用しております。
    ※「薬検索:市販薬」では、セルフメディケーション・データベースセンターが提供するデータを利用しております。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックソリューションズ株式会社及びくすりの適正使用協議会、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

    薬効分類別数量

    各年代別の薬剤の処方数です。(2018年04月~2019年03月)
    ※厚生労働省の第5回NDBオープンデータ「外来(院外)_性年齢別薬効分類別数量」を基にしています。

    男性女性
    0~4歳15,2720~4歳12,197
    5~9歳798,1685~9歳670,809
    10~14歳370,17610~14歳304,572
    15~19歳5,30515~19歳7,340
    20~24歳1,58020~24歳2,262
    25~29歳2,18925~29歳2,549
    30~34歳4,16930~34歳3,959
    35~39歳3,05235~39歳6,209
    40~44歳6,68540~44歳5,991
    45~49歳6,15145~49歳5,512
    50~54歳8,47750~54歳6,127
    55~59歳9,26555~59歳6,341
    60~64歳10,04260~64歳10,740
    65~69歳14,05865~69歳23,860
    70~74歳17,08670~74歳21,883
    75~79歳16,36075~79歳21,329
    80~84歳19,74780~84歳26,497
    85~89歳8,69385~89歳12,754
    90歳以上5,21190歳以上9,553