お薬検索

検索結果

薬効

「解熱鎮痛消炎剤」

絞り込み条件の追加
主成分















































製薬会社






























































  • 323件が該当
  • 並び順:

  • SG配合顆粒

    • 効能
      ピリン系を含む4つの有効成分からなる解熱鎮痛薬です。
      通常、かぜの解熱や耳痛、咽喉痛、生理痛、頭痛、歯痛、神経痛、外傷痛などの改善に使用されます。
    • 製薬会社
      塩野義製薬株式会社
    • 主成分
      イソプロピルアンチピリン、アセトアミノフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン
  • アクタリット錠100mg「TOA」

    • 効能
      主として遅延型のアレルギー反応の抑制、サイトカインの産生抑制などによる抗リウマチ作用を有し、関節リウマチの病態をコントロールすることにより、関節リウマチの関節の痛み、はれやこわばりをやわらげます。
      通常、関節リウマチの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      テバ製薬株式会社
    • 主成分
      アクタリット
  • アクタリット錠100mg「サワイ」

    • 効能
      免疫機能の異常を正常に近づけることにより、関節などの炎症や腫れをやわらげます。
      通常、慢性関節リウマチの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      アクタリット
  • アクタリット錠100「TCK」

    • 効能
      免疫系に作用することにより関節リウマチの腫れや痛みなどの症状を改善します。
      通常、関節リウマチの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      辰巳化学株式会社
    • 主成分
      アクタリット
  • アクタリット錠100「TCK」

    • 効能
      免疫系に作用することにより関節リウマチの腫れや痛みなどの症状を改善します。
      通常、関節リウマチの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      アクタリット
  • アスピリン「ケンエー」

    • 効能
      視床下部の体温調節中枢に作用して、解熱作用をあらわします。また、発痛物質(プロスタグランジン)の合成を阻害して鎮痛・消炎作用をあらわします。
      通常、慢性関節性リウマチ、変形性関節症、筋肉痛、頭痛などの鎮痛や、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      健栄製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「バイエル」

    • 効能
      視床下部の体温中枢神経に作用して熱を下げ、プロスタグランジンの合成を阻害して鎮痛・消炎作用を示します。
      また、シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、慢性関節リウマチ、変形性関節症のほか各種の痛みを伴う疾患や急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      バイエル薬品株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「ヨシダ」

    • 効能
      痛覚刺激によるインパルス発生の抑制、発痛物質の活性抑制、プロスタグランジン生合成抑制などの末梢作用と中枢神経系の抑制によって鎮痛作用を示す他、また、視床下部の体温調節中枢に作用して末梢血管の血流量を増加させて熱放散を高め、またプロスタグランジン生合成抑制などにより解熱作用示します。
      通常、慢性関節リウマチ、変形性関節症ほか各種の痛みや川崎病の治療、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      吉田製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「日医工」[川崎病]

    • 効能
      プロスタグランジンの合成を抑制して抗炎症作用を示します。また、選択的に血小板におけるプロスタグランジン類の生合成を阻害することにより、血小板凝集抑制作用を示し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「日医工」[解熱・鎮痛・消炎]

    • 効能
      視床下部の体温調節中枢に作用し、熱を下げます。また、プロスタグランジンの合成を抑制して、痛みや炎症を抑えます。
      通常、関節リウマチ、変形性関節症ほか各種の痛みを伴う疾患や、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリンシオエ

    • 効能
      炎症や血液凝固などに関わるプロスタグランジンの合成を阻害し、消炎、鎮痛、解熱等の作用を示します。
      通常、慢性関節リウマチ・変形性関節症ほか各種の疾患に伴う痛みや、急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      シオエ製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン原末「マルイシ」

    • 効能
      体温調節中枢に作用して末梢血管の血流増加により熱放散を促進し、また炎症に関るプロスタグランジンの生合成を抑制して、解熱、鎮痛、抗炎症作用を示します。
      通常、関節リウマチ、関節痛、術後疼痛、歯痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、打撲痛、痛風、頭痛、生理痛などの痛み、急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病の治療に使用されます。
    • 製薬会社
      丸石製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アセトアミノフェンDS小児用20%「タカタ」

    • 効能
      中枢性の解熱鎮痛作用があり、体水分の移動と末梢血管の拡張により、発汗を伴って熱を下げます。
      通常、小児科領域の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      高田製薬株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェンDS小児用20%「トーワ」

    • 効能
      体温調節中枢に直接作用して熱放散を増大させて熱を下げます。
      通常、小児の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェン〈ハチ〉

    • 効能
      視床下部の体温調節中枢に作用して、解熱作用をあらわします。また、視床や大脳皮質における痛覚の閾値を高めて鎮痛作用をあらわします。
      通常、頭痛、神経痛、筋肉痛、歯痛などの鎮痛や急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      健栄製薬株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェン「JG」原末

    • 効能
      体温調節中枢に作用して末梢血管を拡張することにより、熱放散を増大させて熱を下げます。また、視床と大脳皮質の痛覚閾値を上昇させ、痛みを和らげます。
      通常、頭痛・腰痛・歯痛や変形性関節症などの鎮痛、急性上気道炎や小児科領域における解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェン「ファイザー」原末

    • 効能
      視床や大脳皮質における痛覚の閾値を高めて痛みを和らげます。体温調節中枢に作用して末梢血管を拡張することにより、熱放散を増大させて熱を下げます。
      通常、頭痛、腰痛、歯痛、変形性関節症などの鎮痛、急性上気道炎や小児科領域の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      ファイザー株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェン「ヨシダ」

    • 効能
      視床下部の体温中枢に作用し、体水分の移動と末梢血管の拡張による発汗を伴う解熱と、痛覚閾値の上昇による鎮痛作用を示します。
      通常、頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛の治療や、急性上気道炎や小児科領域における解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      吉田製薬株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェンシロップ小児用2%「トーワ」

    • 効能
      体温調節中枢に直接作用して熱放散を増大させて熱を下げます。
      通常、小児の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン
  • アセトアミノフェン原末「マルイシ」

    • 効能
      体温調節中枢に作用し、皮膚血管の拡張により熱放散を増大させて解熱作用を示します。また、視床と大脳皮質における痛覚閾値を高めて痛みを鎮めます。
      通常、頭痛、腰痛症、歯痛などの鎮痛、急性上気道炎や小児科領域の解熱・鎮痛などに使用されます。
    • 製薬会社
      丸石製薬株式会社
    • 主成分
      アセトアミノフェン

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。