おしえて先生

摂食障害(拒食症)について

ゆち(25252bce11)・30~39歳女性 2021/04/16 投稿

自分自身摂食障害(現在拒食症)で悩んでいます。
20歳の時に拒食症→過食症を経験し、一旦落ち着いていたものの再発し、現在拒食症です。
食べないといけないのもわかっているし、赤ちゃんもほしいので生理も戻したいのに食べるのは怖い…。
この歳なのに恥ずかしいことですが、どうやって治していったらいいか分かりません。
病院に通っていましたが、一向によくならず通院をやめてしまいました。
現在157cmの30kgです。
どうしたらいいか教えてください。よろしくお願いします。

経過が長いことを必要以上にご心配する必要はありません

摂食障害は寛解と再発を繰り返して治っていく疾患ですので、経過が長いことを必要以上にご心配する必要はありません。
赤ちゃんご希望でしたら月経が順調でないと難しいですね。そのためには体重増加とリラックスが重要です。体重は157㎝であれば35㎏くらいで月経が戻る可能性も十分あります。食べるのが怖いのはよくわかりますが、まずはご自分で食べられそうなものを選択して少しずつ増やしていくことが良いと思います。(毎日スプーン一杯ずつプリンを増やすなど)小さなおにぎりも効果的です。
私の患者さんたちもご相談者のあなたと全く同じ状況でしたが少しずつ食べられるものを増やすことで月経が来て出産しています。30代ですので出産は十分大丈夫です。一番大切なのは毎日の安心感です。パートナーにきちんと不安を話すことができていますか?
パートナーやご家族の理解も大切です。おひとりで不安であれば心療内科を受診して医師からパートナーや家族の対応をお聞きになることも有効であると思います。
私は、もうこの患者さんは出産無理かなあと思った方も出産しているので自信をもってくださいね。医師は大きな理解者の一人ですよ。

ご回答いただいた

牧野 真理子 先生

ドクター
ご活躍の場所 牧野クリニック(東京都中野区東中野) 診療部長
東邦大学医学部客員講師
JICA(国際協力機構)顧問医
優秀臨床専門医
アサヒビール産業医
オレンジページ産業医
日本心身医学会代議員
日本女性心身医学会理事
国際摂食障害学会会員
ご専門 心身医学(心療内科)
女性の心身症(摂食障害など)
職場のメンタルヘルス
異文化間メンタルヘルス
ご経歴 国公立大学卒業後、北里大学医学部卒業
メルボルン大学医学部大学院卒業
著書 『誰も私をわかってくれない:摂食障害・心の迷路』(悠飛社:1999)
『異文化ストレスと心身医療』(新興医学出版社:2002)
『もういいや!!と叫んで心の毒出しができるメンタルデトックス』(祥伝社:2005)
『うつにもいろいろあるんです。』<漫画 細川貂々> (オレンジページ:2011)

【共著】
『医療看護学』(中山書店)
『職場のメンタルヘルス』(南山堂)など多数

【連載】
『からだの本』(オレンジページ)「女性とうつ」連載中
所属団体 日本心身医学会代議員
日本女性心身医学会理事
国際摂食障害学会会員
先生からの一言 メンタルヘルスの疾患も早期発見が早期回復につながります。
小さなことと思ってももし悩んでいるようでしたらお気軽にご相談ください。