おしえて先生

甲状腺とホクロは何か関係があるのでしょうか

pecha(588c7001d8)・60~74歳女性 2019/06/04 投稿

30歳になる息子が、ここ5~6年くらいでホクロ(イボも含めて)が全身に広がっています。離れて暮らしており、たまに帰省する度に首に小さいイボのようなホクロのようなものが増えていくので、今回帰省した時に体の前後を見たら、全体にホクロが広がり、びっくりしました。
そうしたら、甲状腺にも腫瘍があり、経過観察だそうです。

甲状腺とホクロは何か関係があるのでしょうか。

今秋、結婚を控えていて、心配になり質問させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

甲状腺機能との関係はないと考えられます

頸の黒子(ほくろ)が増えてきたとのことですが、疣もできているのですね。黒子と疣は全く違った細胞が増えてできるものです。

ほくろは、メラニンを作る細胞が増えてできる良性の腫瘍です。そのため、多くのほくろは淡い黒色で、皮膚から盛り上がった小さな皮疹です。表面はカサカサしていませんが、一方、疣は皮膚の表面にある角化細胞が増えた小さな良性腫瘍で、表面がカサカサしています。どちらも甲状腺機能との関係はないと考えられます。体(背中やお腹)に大きないぼ状の皮疹がたくさん短期間にできると、消化器系等の腫瘍がある可能性も考えられます。また、時々、疣と黒子を間違って考えている人がいますので、できれば一度皮膚科専門医を受診ください。

ご回答いただいた

市橋 正光 先生

ドクター
ご活躍の場所 アーツ銀座クリニック 院長
ご専門 皮膚科学(光線過敏症、皮膚がん、色素異常症、美容)、再生医療
ご経歴 神戸医科大学 卒業
神戸大学大学院医学研究科 修了
ロンドン大学皮膚科学研究所 留学
神戸大学医学部 教授
サンクリニック・サンケア研究所
森之宮医療大学抗加齢研究所長
再生未来クリニック・神戸 院長を経て、現職
所属団体 日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本色素細胞学会、日本光医学・光生物学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会、日本レーザー治療学会、NPO幹細胞治療研究機構、見た目のアンチエイジング研究会、細胞再生医療研究会、糖化ストレス研究会、国際医科学研究会、生命機能研究会、白斑研究会、日本コエンザイムQ協会、カシス協会
先生からの一言 人生を心身ともに健康に生きるには顔の肌のシミやシワなど、見た目の若さが大切です。そのためには太陽紫外線の有害性を知り、皮膚細胞のはたらきを高めることです。アンチエイジングであなたも若返りましょう。