お薬検索

アドエア125エアゾール120吸入用

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 アドエア125エアゾール120吸入用
主成分 サルメテロールキシナホ酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステル
分類名称 その他の呼吸器官用薬
剤形 吸入剤
商品画像
製薬会社 グラクソ・スミスクライン株式会社
効能 抗炎症作用とβ2受容体刺激作用により、気道の炎症を抑え長時間にわたり気管支を拡げることで発作や症状が出にくい状態を維持します。
通常、気管支喘息あるいは慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)の治療に用いられます。既に起こった発作や急な症状の悪化を速やかに鎮める薬ではありません。
使用上の注意
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。感染症、深在性真菌症や結核がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
  • 用法・容量
  • 気管支喘息:通常、成人は1回2吸入を1日2回吸入しますが、症状により適宜低用量製剤(50エアゾール、100ディスカス)あるいは高用量製剤(250エアゾール、500ディスカス)に切り替えられることがあります。
    慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫):通常、成人は1回2吸入を1日2回吸入します。
    いずれの場合も、必ず指示された吸入方法に従ってください。
  • なるべく同じ時間帯に吸入してください。
  • 使用説明書に書かれている「アドエアエアゾールの吸入方法」をよく読んで使用してください。
  • 吸入直前によく振ってください。1缶の噴霧回数は120回までです。それ以上は吸入しないでください。
  • 新しい吸入器を初めて使用するときは、カウンターの表示が“124”になっています。“120”になるまでボンベを4回空噴霧してから使用してください。落とすと表示数値が変動する場合があるので注意してください。
  • 口腔カンジダ症や声のかすれなどの予防のため、吸入後にうがいをしてください(うがいが困難な場合は口をすすいでください)。
  • 吸入を忘れた場合は、気がついた時点で1回分を吸入してください。ただし、1日2回を超えて吸入しないでください。2回分を一度に吸入してはいけません。
  • 誤って多く吸入した場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で吸入するのを止めないでください。
  • 生活上の注意
  • 喘息発作が起きた場合は、処方された発作止めの薬を使用するか、できるだけ早く近くの医療機関を受診してください。
  • 副作用 主な副作用として、嗄声(声のかすれ)、口腔・咽頭カンジダ症、口腔・咽喉刺激感(異和感、痛み、不快感)、頭痛、発疹、じんましん、浮腫、気管支攣縮などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 呼吸困難、じんましん、冷汗 [ショック、アナフィラキシー]
  • 筋力の低下、四肢の麻痺、頻脈 [血清カリウム値の低下]
  • 発熱、咳、息切れ [肺炎]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 内側の缶(ボンベ)はアダプターから外さないでください。
  • 噴霧口のつまりを避けるため、少なくとも週1回以上アダプターの吸入口の外側と内側を乾いた布やティッシュペーパーでよく拭き、清潔に保管してください。缶(ボンベ)は絶対に濡らさないでください。
  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。地方自治体により定められた缶(ボンベ)の廃棄処理法に従ってください。
  • 缶(ボンベ)に穴をあけるときは空にしてからあけてください。缶(ボンベ)は火中に投入しないでください。
  • 同じ薬効の薬を探す その他の呼吸器官用薬
    同じ成分の薬を探す サルメテロールキシナホ酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステル
    同じ製薬会社の薬を探す グラクソ・スミスクライン株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。