お薬検索

抗菌アイリス使いきり 18本

基本情報

商品名 抗菌アイリス使いきり 18本
商品特長 ものもらい・結膜炎に
製薬会社 大正製薬
商品画像
包装単位 18本
希望商売価格(税抜) 980円
OTC医薬品分類 第2類医薬品
小児用区分 兼用
剤形区分 外用液剤
効能・効果 ものもらい、結膜炎(はやり目)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかゆみ

〔こんな目の症状に〕
○ものもらい
まつ毛の根もとやその付近に細菌が感染して炎症を起こしたもの。まぶたが赤くはれて、かゆみを伴います。
○結膜炎(はやり目)
プールなどで感染するケースが多く、結膜(白目、まぶたの裏)が充血して、かゆみを伴います。
○眼瞼炎(まぶたのただれ)
細菌感染などにより、まぶたのふちのはれやただれ、かゆみなどの症状があらわれます。
分類 目薬
用法・容量 1日3~6回、1回2~3滴を点眼してください。

<注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛にふれさせないでください。
   また混濁したものは使用しないでください。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(5)点眼用にのみ使用してください。
(6)無理にひっぱって開封しないでください。また、いきおいよく開封すると、薬液が飛び散ることがありますので注意してください。
(7)本剤は「1回使いきりタイプ」の点眼剤で、防腐剤を含有しておりませんので、使用後の残液は捨ててください。
※本剤は、滞留性のある製剤であるため、点眼後しばらく視野がぼやけることがありますので注意してください。
成分・分量  〔成  分〕 スルファメトキサゾール
 〔分  量〕 4.0%
 〔はたらき〕 ものもらいや結膜炎の原因となる細菌に優れた抗菌作用をあらわします。

 〔成  分〕 グリチルリチン酸二カリウム
 〔分  量〕 0.25%
 〔はたらき〕 細菌感染などによる目の炎症を鎮めます。

 〔成  分〕 イプシロン-アミノカプロン酸
 〔分  量〕 1.0%
 〔はたらき〕 細菌感染などによる目の炎症を鎮めます。

 〔成  分〕 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
 〔分  量〕 0.1%
 〔はたらき〕 目に栄養を与え、新陳代謝を促します。

添加物:ジェランガム、トロメタモール、クエン酸Na、エデト酸Na

<注意>
本剤の点眼後、口中に苦みまたは甘みを感じることがありますが、苦みは有効成分のスルファメトキサゾールによるもの、甘みは有効成分のグリチルリチン酸二カリウムによるものですから、ご心配ありません。
保管及び取り扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)本剤は光による薬液の変質を防ぐため、着色容器・着色袋を使用しておりますが、保存する場合は箱に戻すなど、光の当たらない所に保管してください。なお、冷蔵庫では保管しないでください。
(6)車のダッシュボード等高温下に放置しないでください。(容器の変形や薬液の品質が劣化することがあります)
(7)ズボンの後ろポケット等に製品を入れると、キャップがあくことがありますので、注意してください。
(8)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても開封後はなるべく早く使用してください。(品質保持のため)
してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

長期連用しないでください
相談すること ①次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
    はげしい目の痛み
②使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
      目   : 充血、かゆみ、はれ
③3~4日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
その他の注意 -
同じ薬効の薬を探す 目薬
同じ製薬会社の薬を探す 大正製薬

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。