お薬検索

検索結果

  • 101件が該当
  • 並び順:

  • プレガバリンOD錠25mg「ニプロ」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ニプロファーマ株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「ファイザー」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ヴィアトリス製薬株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「フェルゼン」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウムチャネルと結合することにより興奮性神経伝達物質遊離を抑制し、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      株式会社フェルゼンファーマ
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「三笠」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      三笠製薬株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「日医工」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、神経伝達物質の遊離を抑制することにより、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「明治」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日新製薬株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「明治」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      Meiji Seika ファルマ株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「杏林」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      キョーリンリメディオ株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「武田テバ」

    • 効能
      中枢神経系に作用し、シナプスにおけるグルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することで、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      テバ製薬株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠25mg「科研」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      科研製薬株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠50mg「KN」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      小林化工株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠50mg「YD」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      株式会社陽進堂
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠50mg「三笠」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      三笠製薬株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠50mg「日医工」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、神経伝達物質の遊離を抑制することにより、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠50mg「武田テバ」

    • 効能
      中枢神経系に作用し、シナプスにおけるグルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することで、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      テバ製薬株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠75mg「DSEP」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      第一三共エスファ株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠75mg「JG」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠75mg「KMP」

    • 効能
      中枢神経系においてCaチャネルに結合することでカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の放出を抑えることにより神経伝達を遮断して、神経細胞の過剰な興奮を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      共創未来ファーマ株式会社
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠75mg「KMP」

    • 効能
      中枢神経系においてCaチャネルに結合することでカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の放出を抑えることにより神経伝達を遮断して、神経細胞の過剰な興奮を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      株式会社三和化学研究所
    • 主成分
      プレガバリン
  • プレガバリンOD錠75mg「KN」

    • 効能
      中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげます。
      通常、神経障害性疼痛や線維筋痛症に伴う疼痛の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      小林化工株式会社
    • 主成分
      プレガバリン

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。