お薬検索

検索結果

  • 60件が該当
  • 並び順:

  • ノボセブンHI静注用2mg

    • 効能
      血液凝固第VII因子製剤であり、出血を止める働きがあります。
      通常、血友病、先天性第VII因子欠乏症およびグランツマン血小板無力症の出血抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      エプタコグ アルファ(活性型)(遺伝子組換え)
  • ノボセブンHI静注用2mg シリンジ

    • 効能
      血液凝固第VII因子製剤であり、出血を止める働きがあります。
      通常、血友病、先天性第VII因子欠乏症およびグランツマン血小板無力症の出血抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      エプタコグ アルファ(活性型)(遺伝子組換え)
  • ノボセブンHI静注用5mg

    • 効能
      血液凝固第VII因子製剤であり、出血を止める働きがあります。
      通常、血友病、先天性第VII因子欠乏症およびグランツマン血小板無力症の出血抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      エプタコグ アルファ(活性型)(遺伝子組換え)
  • ノボセブンHI静注用5mg シリンジ

    • 効能
      血液凝固第VII因子製剤であり、出血を止める働きがあります。
      通常、血友病、先天性第VII因子欠乏症およびグランツマン血小板無力症の出血抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      エプタコグ アルファ(活性型)(遺伝子組換え)
  • ノボセブンHI静注用8mg シリンジ

    • 効能
      血液凝固第VII因子製剤であり、出血を止める働きがあります。
      通常、血友病、先天性第VII因子欠乏症およびグランツマン血小板無力症の出血抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      エプタコグ アルファ(活性型)(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド30ミックス注 ペンフィル

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド30ミックス注フレックスペン

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド50ミックス注フレックスペン

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド70ミックス注フレックスペン

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド注100単位/mL

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド注 フレックスタッチ

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド注 ペンフィル

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド注イノレット

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボラピッド注フレックスペン

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンと、構造が少し異なるインスリン(インスリンアナログ)で、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン アスパルト(遺伝子組換え)
  • ノボリン30R注フレックスペン

    • 効能
      膵臓のホルモンの一つであるインスリンで、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン ヒト(遺伝子組換え)
  • ノボリンN注フレックスペン

    • 効能
      膵臓のホルモンの一つであるインスリンで、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン ヒト(遺伝子組換え)
  • ノボリンR注100単位/mL

    • 効能
      膵臓ホルモンの一つであるインスリンで、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン ヒト(遺伝子組換え)
  • ノボリンR注フレックスペン

    • 効能
      膵臓のホルモンの一つであるインスリンで、細胞のインスリン受容体に結合してブドウ糖の取り込みを促進し、血糖値を下げます。
      通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      インスリン ヒト(遺伝子組換え)
  • ノルディトロピンS注10mg[成人成長ホルモン分泌不全症]

    • 効能
      下垂体前葉ホルモンの一つである成長ホルモンで、身体成長促進作用を示します。
      通常、成人成長ホルモン分泌不全症(重症に限る)の治療に使用されます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      ソマトロピン(遺伝子組換え)
  • ノルディトロピンS注10mg[成長ホルモン分泌不全性低身長症ほか]

    • 効能
      下垂体前葉ホルモンの一つである成長ホルモンで、身体成長促進作用を示します。
      通常、成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群・軟骨異栄養症における低身長、SGA(small-for-gestational age)性低身長症、ヌーナン症候群における低身長で、骨端線閉鎖を伴わないものの治療に使用されます。
    • 製薬会社
      ノボノルディスクファーマ株式会社
    • 主成分
      ソマトロピン(遺伝子組換え)

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。