お薬検索

検索結果

  • 40件が該当
  • 並び順:

  • アマルエット配合錠1番「DSEP」

    • 効能
      細胞内へのCaイオンの流入を減少することにより、末梢血管や冠血管を拡げて血圧を下げ、狭心症発作を予防、またはやわらげます。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している患者の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      第一三共エスファ株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「EE」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「TCK」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      辰巳化学株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「TCK」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「ケミファ」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ケミファ株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「サワイ」

    • 効能
      Ca拮抗薬とHMG-CoA還元酵素阻害剤の配合剤で、カルシウムチャネルを遮断し、細胞内へのカルシウムの流入を抑えることにより、血管を拡げて血圧を下げたり、心臓へ酸素や栄養を供給する血管を拡げて胸痛を改善したり予防したりします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「サンド」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      サンド株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「トーワ」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠1番「日医工」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「DSEP」

    • 効能
      細胞内へのCaイオンの流入を減少することにより、末梢血管や冠血管を拡げて血圧を下げ、狭心症発作を予防、またはやわらげます。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している患者の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      第一三共エスファ株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「EE」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「TCK」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      辰巳化学株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「TCK」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「ケミファ」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ケミファ株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「サワイ」

    • 効能
      Ca拮抗薬とHMG-CoA還元酵素阻害剤の配合剤で、カルシウムチャネルを遮断し、細胞内へのカルシウムの流入を抑えることにより、血管を拡げて血圧を下げたり、心臓へ酸素や栄養を供給する血管を拡げて胸痛を改善したり予防したりします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「サンド」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      サンド株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「トーワ」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠2番「日医工」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠3番「DSEP」

    • 効能
      細胞内へのCaイオンの流入を減少することにより、末梢血管や冠血管を拡げて血圧を下げ、狭心症発作を予防、またはやわらげます。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している患者の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      第一三共エスファ株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物
  • アマルエット配合錠3番「EE」

    • 効能
      細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより冠血管や末梢血管を弛緩させ、血圧を下げたり、狭心症の発作をおこりにくくします。また、肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。
      通常、高血圧症または狭心症と、高コレステロール血症または家族性高コレステロール血症を併発している場合の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アムロジピンベシル酸塩、アトルバスタチンカルシウム水和物

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※「薬検索:処方薬」では、「一般社団法人 くすりの適正使用協議会」が提供する「くすりのしおり®」のデータを利用しております。
※「薬検索:市販薬」では、セルフメディケーション・データベースセンターが提供するデータを利用しております。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックソリューションズ株式会社及びくすりの適正使用協議会、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。