お薬検索

検索結果

  • 98件が該当
  • 並び順:

  • ランソプラゾールOD錠15mg「ケミファ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      日本薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールOD錠15mg「サワイ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプを阻害することにより、胃酸の分泌を抑えます。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      株式会社三和化学研究所
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」[消化器疾患]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールOD錠15mg「日医工」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプを阻害し、胃酸分泌を抑制します。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールOD錠15mg「武田テバ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸分泌に関与する胃粘膜のプロトンポンプ活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      テバ製薬株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「NIG」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプを阻害し、胃酸分泌を抑制します。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「アメル」[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      共和薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「ケミファ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ケミファ株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「サワイ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプを阻害することにより、胃酸の分泌を抑えます。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「トーワ」[消化器疾患]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「日医工」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプを阻害し、胃酸分泌を抑制します。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症の治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「武田テバ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸の分泌に関与する胃粘膜のプロトンポンプ(H+、K+-ATPase)と結合し、プロトンポンプを不活性化することによって胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      科研製薬株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ランソプラゾールカプセル15mg「武田テバ」[消化器用剤]

    • 効能
      胃酸の分泌に関与する胃粘膜のプロトンポンプと結合し、プロトンポンプを不活性化することによって胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      テバ製薬株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • ロレアス配合錠「NS」

    • 効能
      配合されているふたつの成分が血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑制して血栓形成を抑え、血管がつまらないようにします。
      通常、経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞に用いられます。
    • 製薬会社
      日新製薬株式会社
    • 主成分
      クロピドグレル硫酸塩、アスピリン
  • ロレアス配合錠「NS」

    • 効能
      配合されているふたつの成分が血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑制して血栓形成を抑え、血管がつまらないようにします。
      通常、経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ケミファ株式会社
    • 主成分
      クロピドグレル硫酸塩、アスピリン
  • ロレアス配合錠「SANIK」

    • 効能
      配合されているふたつの成分が血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑制して血栓形成を抑え、血管がつまらないようにします。
      通常、経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      クロピドグレル硫酸塩、アスピリン
  • ロレアス配合錠「杏林」

    • 効能
      配合されているふたつの成分が血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑制して血栓形成を抑え、血管がつまらないようにします。
      通常、経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞に用いられます。
    • 製薬会社
      キョーリンリメディオ株式会社
    • 主成分
      クロピドグレル硫酸塩、アスピリン

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※「薬検索:処方薬」では、「一般社団法人 くすりの適正使用協議会」が提供する「くすりのしおり®」のデータを利用しております。
※「薬検索:市販薬」では、セルフメディケーション・データベースセンターが提供するデータを利用しております。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックソリューションズ株式会社及びくすりの適正使用協議会、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。