お薬検索

検索結果

  • 64件が該当
  • 並び順:

  • アスピリン「ケンエー」

    • 効能
      視床下部の体温調節中枢に作用して、解熱作用をあらわします。また、発痛物質(プロスタグランジン)の合成を阻害して鎮痛・消炎作用をあらわします。
      通常、慢性関節性リウマチ、変形性関節症、筋肉痛、頭痛などの鎮痛や、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      健栄製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「バイエル」

    • 効能
      視床下部の体温中枢神経に作用して熱を下げ、プロスタグランジンの合成を阻害して鎮痛・消炎作用を示します。
      また、シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、慢性関節リウマチ、変形性関節症のほか各種の痛みを伴う疾患や急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      バイエル薬品株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「ヨシダ」

    • 効能
      痛覚刺激によるインパルス発生の抑制、発痛物質の活性抑制、プロスタグランジン生合成抑制などの末梢作用と中枢神経系の抑制によって鎮痛作用を示す他、また、視床下部の体温調節中枢に作用して末梢血管の血流量を増加させて熱放散を高め、またプロスタグランジン生合成抑制などにより解熱作用示します。
      通常、慢性関節リウマチ、変形性関節症ほか各種の痛みや川崎病の治療、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      吉田製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「日医工」[川崎病]

    • 効能
      プロスタグランジンの合成を抑制して抗炎症作用を示します。また、選択的に血小板におけるプロスタグランジン類の生合成を阻害することにより、血小板凝集抑制作用を示し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン「日医工」[解熱・鎮痛・消炎]

    • 効能
      視床下部の体温調節中枢に作用し、熱を下げます。また、プロスタグランジンの合成を抑制して、痛みや炎症を抑えます。
      通常、関節リウマチ、変形性関節症ほか各種の痛みを伴う疾患や、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリンシオエ

    • 効能
      炎症や血液凝固などに関わるプロスタグランジンの合成を阻害し、消炎、鎮痛、解熱等の作用を示します。
      通常、慢性関節リウマチ・変形性関節症ほか各種の疾患に伴う痛みや、急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      シオエ製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン原末「マルイシ」

    • 効能
      体温調節中枢に作用して末梢血管の血流増加により熱放散を促進し、また炎症に関るプロスタグランジンの生合成を抑制して、解熱、鎮痛、抗炎症作用を示します。
      通常、関節リウマチ、関節痛、術後疼痛、歯痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、打撲痛、痛風、頭痛、生理痛などの痛み、急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病の治療に使用されます。
    • 製薬会社
      丸石製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「JG」[川崎病]

    • 効能
      血小板中のシクロオキシゲナーゼ1(COX-1)を阻害して、トロンボキサンA2(TXA2)の産生を抑えることにより、血小板凝集を抑制することにより、血液が凝固して血管がつまるのを防ぎます。
      通常、川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「JG」[抗血小板剤]

    • 効能
      血小板中のシクロオキシゲナーゼ1(COX-1)を阻害して、トロンボキサンA2(TXA2)の産生を抑えることにより、血小板凝集を抑制することにより、血液が凝固して血管がつまるのを防ぎます。
      通常、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害、冠動脈バイパス術・経皮経管冠動脈形成術施行後における血栓・塞栓形成の抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「トーワ」[川崎病]

    • 効能
      プロスタグランジンの合成を阻害して消炎作用を示します。また、シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「トーワ」[抗血小板剤]

    • 効能
      シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞における血栓・塞栓の形成を予防します。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「ファイザー」[川崎病]

    • 効能
      プロスタグランジンの合成を阻害して消炎作用を示します。また、シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      ファイザー株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「ファイザー」[抗血小板剤]

    • 効能
      シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害、冠動脈バイパス術・経皮経管冠動脈形成術後における血栓・塞栓形成の予防に用いられます。
    • 製薬会社
      ファイザー株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「日医工」[川崎病]

    • 効能
      プロスタグランジンの合成を抑制して抗炎症作用を示します。また、選択的に血小板におけるプロスタグランジン類の生合成を阻害することにより、血小板凝集抑制作用を示し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • アスピリン腸溶錠100mg「日医工」[抗血小板剤]

    • 効能
      選択的に血小板におけるプロスタグランジン類の生合成を阻害することにより、血小板凝集抑制作用を示し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、冠動脈バイパス術施行後などにおける血栓・塞栓形成の予防に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • コンプラビン配合錠

    • 効能
      配合されているふたつの成分が血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑制して血栓形成を抑え、血管がつまらないようにします。
      通常、経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞に用いられます。
    • 製薬会社
      サノフィ・アベンティス株式会社
    • 主成分
      クロピドグレル硫酸塩、アスピリン
  • ゼンアスピリン錠100[川崎病]

    • 効能
      シクロオキシゲナーゼ1(COX-1)を阻害し、トロンボキサンA2の合成を阻害して、血小板凝集抑制作用を示し、血管内で血液が固まるのを防いだり、血栓ができるのを防ぎます。
      通常、川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      全星薬品工業株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • ゼンアスピリン錠100[川崎病]

    • 効能
      プロスタグランジンの合成を阻害して消炎作用を示します。また、シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • ゼンアスピリン錠100[抗血小板剤]

    • 効能
      シクロオキシゲナーゼ1(COX-1)を阻害し、トロンボキサンA2の合成を阻害して、血小板凝集抑制作用を示し、血管内で血液が固まるのを防いだり、血栓ができるのを防ぎます。
      通常、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害、冠動脈バイパス術・経皮経管冠動脈形成術後における血栓・塞栓形成の予防に用いられます。
    • 製薬会社
      全星薬品工業株式会社
    • 主成分
      アスピリン
  • ゼンアスピリン錠100[抗血小板剤]

    • 効能
      シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
      通常、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害、冠動脈バイパス術・経皮経管冠動脈形成術施行後における血栓・塞栓形成の抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      アスピリン

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。