お薬検索

検索結果

  • 14件が該当
  • 並び順:

  • アスコルビン酸「イワキ」

    • 効能
      ビタミンC剤で、出血防止、止血、色素沈着防止、骨や歯の基質形成促進作用、副腎皮質ホルモンなど体内成分の賦活化などの作用があります。
      通常、ビタミンC欠乏症の予防および治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、鼻・歯の出血や血尿、薬物中毒、光線過敏性皮膚炎、副腎皮質機能障害、色素沈着などの疾患や骨折時の骨癒合促進などに用いられます。
    • 製薬会社
      岩城製薬株式会社
    • 主成分
      L-アスコルビン酸
  • アスコルビン酸「ケンエー」

    • 効能
      不足したビタミンCを補給します。
      通常、ビタミンC欠乏症の予防・治療、ビタミンCの補給や、ビタミンCの欠乏や代謝障害のために起こる症状(毛細管出血、骨折、しみ・そばかす、光線過敏症など)に用いられます。
    • 製薬会社
      健栄製薬株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸
  • アスコルビン酸「ヨシダ」

    • 効能
      ビタミンC製剤で、副腎皮質機能への関与やラーゲンの生成に関与し、出血傾向の改善作用、メラニン色素生成抑制作用を示します。
      通常、ビタミンC欠乏症の予防および治療、ビタミンCの需要が増大し食事からの摂取が不十分な際の補給、ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される疾患の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      吉田製薬株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸
  • アスコルビン酸原末「タケダ」

    • 効能
      ビタミンCの製剤で、コラーゲンの生成に関与し、皮膚・骨・血管が弱くなるのをおさえる作用、副腎皮質機能を改善する作用、メラニン色素の生成をおさえる作用などがあります。
      通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒の治療、皮膚疾患などに用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸
  • アスコルビン酸原末「マルイシ」

    • 効能
      ビタミンC製剤で、毛細血管抵抗性を増強して出血傾向を改善し、副腎皮質ホルモンの生合成を促進・異化を抑制し、結合組織の形成・維持し、また、メラニン色素の沈着を防止するなどの作用があります。
      通常、壊血病、妊産婦、激しい肉体労働時、毛細血管出血、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時、色素沈着などビタミンCの欠乏した場合や代謝障害がある場合に使用されます。
    • 製薬会社
      丸石製薬株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸
  • オフタルムK配合錠

    • 効能
      血管壁の構成成分であるコラーゲンの生合成促進などにより血管を強化し、毛細血管の透過性を抑え、血液凝固因子の生合成促進などにより血液凝固を促進し、出血時間を短縮、止血作用を示します。
      通常、毛細血管抵抗性の減弱および透過性亢進による出血、出血傾向の症状改善に用いられます。
    • 製薬会社
      アルフレッサ ファーマ株式会社
    • 主成分
      フィトナジオン、アスコルビン酸、カルバゾクロム
  • シナール配合錠

    • 効能
      ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸を配合した複合ビタミン剤です。
      通常、病気、妊娠中または授乳中など、ビタミンCやパントテン酸が不足している場合の補給に用いられます。また、メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善にも用いられます。
    • 製薬会社
      塩野義製薬株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム
  • シナール配合顆粒

    • 効能
      ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸を配合した複合ビタミン剤です。
      通常、病気、妊娠中または授乳中など、ビタミンCやパントテン酸が不足している場合の補給に用いられます。また、メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善にも用いられます。
    • 製薬会社
      塩野義製薬株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム
  • シーピー配合顆粒

    • 効能
      ビタミンCとパントテン酸カルシウムの複合ビタミン剤で、体内で栄養・代謝に生理作用を示します。
      通常、この薬に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)、炎症後の色素沈着の治療に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム
  • デラキシー配合顆粒

    • 効能
      アスコルビン酸(ビタミンC)とパントテン酸を配合したビタミン剤で、メラニンへの生成過程を抑制し、色素の異常沈着を防ぎます。
      通常、病気、妊娠中または授乳中など、食事からビタミン類の摂取が不十分な場合の補給や、炎症後の色素沈着の改善に使用されます。
    • 製薬会社
      丸石製薬株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム
  • ハイシー顆粒25%

    • 効能
      ビタミンCの製剤で、コラーゲンの生成に関与し、皮膚・骨・血管が弱くなるのをおさえる作用、副腎皮質機能を改善する作用、メラニン色素の生成をおさえる作用などがあります。
      通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒の治療、皮膚疾患などに用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸
  • ビタミンC散「フソー」-100mg

    • 効能
      ビタミンC製剤で、コラーゲンの生成に関与して皮膚・骨・血管が弱くなるのを抑え、副腎をストレスから防御し、メラニン色素の生成を抑えるなどの作用があります。
      通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒や皮膚疾患などビタミンCの欠乏または代謝障害が推定される場合に用いられます。
    • 製薬会社
      扶桑薬品工業株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸
  • ビタミンC散「フソー」-50mg

    • 効能
      ビタミンC製剤で、コラーゲンの生成に関与して皮膚・骨・血管が弱くなるのを抑え、副腎をストレスから防御し、メラニン色素の生成を抑えるなどの作用があります。
      通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒や皮膚疾患などビタミンCの欠乏または代謝障害が推定される場合に用いられます。
    • 製薬会社
      扶桑薬品工業株式会社
    • 主成分
      アスコルビン酸
  • モビプレップ配合内用剤

    • 効能
      内服の腸管洗浄剤であり、水様便を排泄することによって腸管の内容物の排除・洗浄効果を示します。
      通常、大腸内視鏡検査および大腸手術時の前処置における腸管内用物の排除に用いられます。
    • 製薬会社
      味の素製薬株式会社
    • 主成分
      塩化ナトリウム、塩化カリウム、無水硫酸ナトリウム、マクロゴール4000、アスコルビン酸、L-アスコルビン酸ナトリウム

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。