おしえて先生

あごの周りに小さな吹き出物

にゃあ(#)・50~59歳女性 2016/07/04 投稿

2~3日前からあごの周りにニキビのような小さな吹き出物ができ、かゆいこともあります。首にもできてます。先週38度の熱を出し、扁桃腺によるものみたいでしたが、そのせいでしょうか?
薬の内容は、抗生物質などの成分だったと思います。

急性の毛嚢炎(ふきでもの)

想像するに、やはり急性の毛嚢炎(ふきでもの)でしょう。
先週38度の熱があったことから考えると、きっと汗をかいていたと思われます。毛穴には常に少数の悪い菌がいますが、皮膚の環境がかわり、菌の増殖に適する、つまり汗をかいた状態だと汗に含まれるたんぱく質などが菌の栄養となるので、菌は増え、炎症を起こす物質を出すので赤くはれてきます。痛みも出ますね。
軽い時には、自然に皮膚の免疫反応で治ります。
大きくなり、痛みが増すようでしたら、皮膚科で診てもらってください。

ご回答いただいた

市橋 正光 先生

ドクター
ご活躍の場所 アーツ銀座クリニック 院長
ご専門 皮膚科学(光線過敏症、皮膚がん、色素異常症、美容)、再生医療
ご経歴 神戸医科大学 卒業
神戸大学大学院医学研究科 修了
ロンドン大学皮膚科学研究所 留学
神戸大学医学部 教授
サンクリニック・サンケア研究所
森之宮医療大学抗加齢研究所長
再生未来クリニック・神戸 院長を経て、現職
所属団体 日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本色素細胞学会、日本光医学・光生物学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会、日本レーザー治療学会、NPO幹細胞治療研究機構、見た目のアンチエイジング研究会、細胞再生医療研究会、糖化ストレス研究会、国際医科学研究会、生命機能研究会、白斑研究会、日本コエンザイムQ協会、カシス協会
先生からの一言 人生を心身ともに健康に生きるには顔の肌のシミやシワなど、見た目の若さが大切です。そのためには太陽紫外線の有害性を知り、皮膚細胞のはたらきを高めることです。アンチエイジングであなたも若返りましょう。