おしえて先生

足の肌荒れ

カピバラ(#)・20~29歳女性 2012/01/23 投稿

12月中旬ごろから、足の肌荒れがひどいです。
元から乾燥がひどいタイプではないのですが、乾燥の影響と思い、今年からお風呂上りにボディクリームを欠かさず塗るようになりました。

症状が出ているのは足の一部分のみでいつも同じ場所です。
いくらかカサカサ感はなくなりましたが、やはり症状は出続けています。
常に症状が出ているのではなく、たまに気が付くと、足首周りが赤くなったり、骨の周りの皮膚がポツポツと浮き上がります。
赤みのないポツポツのが多くみられ、痛みよりもかゆみのが強いです。

このままただの乾燥と思い、保湿を続けるべきか、アトピーなどと関係がある可能性を考えて、一度診療してもらうべきでしょうか。

ご回答、よろしくお願いいたします。

靴下や靴が原因の可能性も

足の裏ではなく足首の周りですね。
おそらく皮膚の乾燥が一つ原因と考えられます。
足首あたりのかゆみがあるところに小さな丘疹(きゅうしん)ができているようですから、湿疹でしょう。
アトピー性皮膚炎も湿疹ですが、足首に限局して出ることは考えにくいです。
原因はいつもかゆくなる皮膚に触れるものが考えられます。靴下、靴などです。

皮膚にはバリア機能があり、外から皮膚を介して入ってくる化学物質や感染源をシャットしていますが、引っかいたりするとバリアが壊れ、外の物質が入りやすくなり、また内部からは水分が蒸散しやすくなります。
ブツブツ部分にやや強めのステロイドホルモンを5~7日間、1日2回塗布するとよいでしょう。保湿も大切です。
それで治癒しなければ皮膚科専門医を受診ください。

ご回答いただいた

市橋 正光 先生

ドクター
ご活躍の場所 アーツ銀座クリニック 院長
ご専門 皮膚科学(光線過敏症、皮膚がん、色素異常症、美容)、再生医療
ご経歴 神戸医科大学 卒業
神戸大学大学院医学研究科 修了
ロンドン大学皮膚科学研究所 留学
神戸大学医学部 教授
サンクリニック・サンケア研究所
森之宮医療大学抗加齢研究所長
再生未来クリニック・神戸 院長を経て、現職
所属団体 日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本色素細胞学会、日本光医学・光生物学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会、日本レーザー治療学会、NPO幹細胞治療研究機構、見た目のアンチエイジング研究会、細胞再生医療研究会、糖化ストレス研究会、国際医科学研究会、生命機能研究会、白斑研究会、日本コエンザイムQ協会、カシス協会
先生からの一言 人生を心身ともに健康に生きるには顔の肌のシミやシワなど、見た目の若さが大切です。そのためには太陽紫外線の有害性を知り、皮膚細胞のはたらきを高めることです。アンチエイジングであなたも若返りましょう。