healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

ある日突然、強い恐怖に襲われる…パニック障害

ある日、原因不明の激しい発作が

「パニック」という言葉自体は、ふだんよく使うものだ。
仕事でアポイントをとっているのに電車が止まって遅刻しそうになったり、高所恐怖症の人が高いところに上らされたりすると大変なパニック状態に陥るだろう。

このような、私たちが日常経験する「パニック状態」と「パニック障害」とはまた異なるもの。「パニック状態」の場合はそうした状況に陥る“原因”がはっきりとしているが、パニック障害の場合ではそれがない。
ある日電車に乗っていて突然気分が悪くなり、「このまま死んでしまうかもしれない…」などと、原因も分からないまま強い恐怖に襲われるのだ。
そして「また発作が起きたらどうしよう…」そんな不安から日常生活の行動が制限されてしまい、患者さんは非常にツラい毎日を送らざるを得なくなる。

どこも悪くないことが、さらなる不安を呼ぶ

症状としては下記のようなものが主だ。

パニック障害に特徴的な発作の症状

  • □ 胸がドキドキする
  • □ 冷や汗をかく
  • □ 身体や手足の震え
  • □ 呼吸が速くなる、息苦しい、息が詰まる
  • □ 胸の痛みや不快感
  • □ 吐き気、腹部の嫌な感じ
  • □ めまい、ふらつき
  • □ 非現実感、自分が自分でない感じ
  • □ 狂ってしまうのではという恐怖、死への恐怖

激しい発作から死への恐怖まで感じ、重大な病気が隠されているのではと医療機関を受診するものの、どこも悪いところは見つからない。それでもいつ再発するか分からない発作に患者は「つぎは人前で倒れたり、吐いたり、失禁したりするのでは…」とさらなる不安に襲われ、外出もままならなくなってしまう。

いまや薬で治療が可能な病気

日本では、パニック障害は、かつては「心臓神経症」や「不安神経症」として取りあつかわれ、適切な治療が行われてこなかった。しかしアメリカでは100人に3人の割合で発症しており、日本でもほぼ同率の患者がいるのではないかと考えられている。
また、パニック障害の原因としては最近、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」「ノルアドレナリン」のバランスが乱れることにより、脳から体への指令や情報伝達がうまくいかず、発作が発症するのではと考えられている。そのため内科で心臓や呼吸器の検査をしても、異常が見つからないというわけだ。
現在では、抗うつ薬などで不安を抑え、行動療法(苦手な場所などに慣れさせることで、不安や恐怖を感じなくさせる方法)などで完治させることが可能とされている。パニック障害が疑われたら、本人だけでなく家族など周囲の人も早く察知する必要があるだろう。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。