healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

噛めば噛むほど…!そしゃくの7不思議

やわらかい食べ物が増え、そしゃく力が衰えつつあるといわれる現代人。一説によれば、弥生時代と比べると、一食当たりのそしゃく回数は6分の1に減っているとか。また、戦前、通常の和食を食べていた際と比較しても、半分以下に落ちているという。そしゃく回数が減ると、わたしたちの体にはどんな影響が起こるのだろう?そしゃくがもつ、不思議な力に迫ってみよう!

噛むことがサルをヒトに変えた?
噛むことがサルをヒトに変えた? 実はそしゃくのはたらきは、ヒトの誕生と密接なつながりをもっている。人類の祖先である猿人が、火を使うようになったのがおよそ100万年前。このことによって、猿人たちは、食べ物をよく噛んで味わうようになった。

そしゃくするときは、ほほのやや後ろにある「咬筋」(こうきん)という筋肉を使う。このとき、咬筋から感覚信号が送られ、大脳が刺激を受ける。そのため脳循環が活性化し、長い間をかけて脳が大きく発達する結果となったのだ。

そしゃくに秘められた7つの効果
そしゃくがもつ心身への健康効果は、はかり知れないものがある。そのパワーをここで一挙ご紹介!

[効果1] 痴呆を防ぎ、知能を高める
アルツハイマー病を引き起こすとされる、たんぱく質「ベータアミロイド」。脳の神経細胞を壊す、有害な物質だ。最近の研究によれば、このベータアミロイドは、口のそしゃく運動が少ないほど多くなるという。つまり、よく噛む人ほど痴呆になりにくいというわけだ。さらに脳が活発に機能し、反射神経や記憶力、認識力、判断力、集中力なども高まる

[効果1] 痴呆を防ぎ、知能を高める
丈夫な歯を作る そしゃくは歯根に刺激を与えるため、歯を支える骨の細胞の新陳代謝をよくするといわれている。また、唾液中には抗菌作用のある酵素や、カルシウムと結合して歯を強化するたんぱく質など、虫歯を寄せつけない成分が含まれている。しっかり噛めば噛むほど唾液はたくさん分泌されるため、虫歯や歯周病の予防効果は高まるといえる。


食べ物をよく噛むと表面積が大きくなり、消化酵素による分解効率がよりアップする。また、アミラーゼなど、唾液に含まれる酵素は、食べ物の消化を助ける大切な成分。よく噛んで食べるほど、胃腸の負担は軽くなる。

[効果4] がんや生活習慣病を防ぐ
がんや生活習慣病を防ぐ 唾液に含まれるペルオキシダーゼには、がんの引き金となる活性酸素を抑制する効果があるとされる。がんだけでなく、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病にも有効だ。

[効果5] アレルギー性の病気予防に
そもそもアレルギー性の病気は、違う生体を体内に入れることによって起こるもの。食べ物をよく噛み、消化吸収を促すことで、抗原抗体反応によって起こる食物アレルギーやアトピー性皮膚炎、小児ぜんそく、花粉症などはある程度、予防することができる。

[効果6] ダイエットや美容効果も
食べ物をよく噛むと、エネルギーの生産能力は急上昇する。また、そしゃくするうちに、唾液が多量に分泌され、血糖値が高まるため満腹中枢が刺激される。そのため、食べ過ぎを防ぎ、効果的にダイエットができるというわけ。さらに、顔の筋肉と骨が鍛えられ、しわを予防。若々しい表情をつくることも可能だ。

[効果7] ここ一番の勝負にも?
力を入れるときに食いしばるのが奥歯。よく噛んで食べていれば、歯やあごが鍛えられ、ぐっと噛みしめて力を発揮することができる。運動でも仕事でも、ここ一番の勝負では、日ごろのそしゃく力がモノをいう!

そしゃく力を鍛えるポイント(※咀嚼・嚥下に問題のある人は例外)
1 歯ごたえのある材料を使って料理をしよう
2 素材はやや大きめに切るのがコツ
3 食事にはゆっくり時間をかけよう
4 食べ物を水や飲み物で流し込む癖はタブー
5 ガムを噛むのも効果的

そしゃく力を鍛えるポイント 忙しいからといって、やわらかいものばかりを早食いしていると、意外なしっぺ返しを食らうことになりかねない。食事は舌で味わい、目で楽しみ、匂いをかぎ、かつ歯ごたえを感じながら食べるもの。ゆっくりと豊かな食生活を満喫し、そしゃく力を鍛えよう。


PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。