healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

お酒の適量は「2単位」


「適量」を決めるのは、血中アルコール濃度!

「お酒を飲むなら、適量を守りましょう」……何度も聞いた言葉だが、この「適量」というのが大問題!「二日酔いにならない程度かな」「記憶を失う直前でしょ?」など、人によって解釈もさまざまだが、適量の決め手となるのは血中アルコール濃度だ。

体内に入ったアルコールは約20%が胃で、残りの80%が小腸で吸収され、血流に乗って全身を巡る途中、肝臓で分解される。どんどん分解されれば酩酊せずにすむのだが、肝臓のアルコール処理能力は限界があり、1時間で体重1kgにつき100ml程度といわれている。処理しきれなかった分のアルコールは血液中に残り、再び体内を循環する。
血液中にどれだけアルコールが残っているかで酔いの状態が違ってくるが、血流がよくなり、リラックスしたり、陽気になる“ほろ酔い状態”の時には、アルコール血中濃度が0.1%。これ以上濃度が高くなると、ふらついたり、吐き気をもよおしたりと酩酊状態に陥ってしまう。
というわけで、お酒の「適量」とは血中濃度が0.1%までに抑えられる分量をいう。


ここは丸暗記!適量は「2単位」まで

「血中アルコール濃度0.1%」といっても、実際どれくらいの量に該当するのか、ピンと来る人は少ないだろう。そこで便利なのが、「お酒の単位」という考え方だ。

清酒1合、ビール大瓶1本、ワイン1/3本、ウイスキーの水割り(シングル)2杯に含まれるアルコールの量はだいたい22g前後。体重60kgの人が30分以内に飲んだ場合、約3時間で分解される量に相当するが、これを「酒1単位」としている。医学的には「1日2単位まで」というのが定説。例えば、ビール1本(633ml)とワイン1/3本(240ml)飲んだら、合計2単位というわけ。
大好きなお酒と末永く付き合うためにも、まずは「酒1単位」を丸暗記しよう。

酒1単位
種類 ビール
ビール
清酒
清酒
ワイン
ワイン
ウイスキー水割り
ウイスキー水割り
焼酎お湯割り
焼酎お湯割り
容量 1本 1合 1/3本 シングル2杯、ダブル1杯 0.6合
(633ml) (180ml) (240ml) (60ml) (110ml)


もうちょっとカスタマイズするなら……

肝臓のアルコール分解能力は体重によって変わってくる。つまり、体重が重いほどアルコール分解能力が高く、逆に女性などのように体が小さい場合には「酒2単位」よりも適量が少なめということになる。

自分の体重にあわせて適量をカスタマイズするなら、下記の計算式で適正飲酒量を求めてみよう。

例えば体重50kgの人の場合、ビール(アルコール濃度5%とする)の適量は【0.1×833×50】÷5=833mlとなり、ビール1本と1/3本程度の量に該当する。このときばかりは、体重が重いほうがちょっとお得な感じだ。

適正飲酒量
※833は指数


コラム――「下戸」の語源とは?
お酒が飲めない人のことを「下戸(げこ)」というが、その語源にはいくつかの説がある。
有力なもののひとつが、律令時代(大化の改新後〜平安初期)の制度によるというもの。当時、課税などの最小単位を「戸」と呼び、家族の人数や資産によって「大戸・上戸・中戸・下戸」の四階級が決められていた。婚礼時のお酒の量が、上戸は八瓶、下戸は二瓶などと割り当てられていたことから、お酒が飲めない人を「下戸」、たくさん飲む人を「上戸」と呼ぶようになったとか。「笑い上戸」「泣き上戸」などの言葉も、同じく律令制の名残りの言葉。
もちろん、お酒に強い・弱いは、遺伝的な体質によるもの。あなたのご先祖様の階級には関係がないので、念のため……。


PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。