healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
驚き!ココアの健康効果

見出しココアで健康になれる?!

少し前に「ココアでダイエット」や「ココアで健康!」というココアブームがあったことは、まだ記憶に新しいのではないだろうか。実際、その時にココアを飲んだ方も少なくないハズ。
さて、本当にココアには健康になれる効果があるのだろうか。

ココアアイコンポリフェノールの抗酸化作用

「ポリフェノール」と聞くと「赤ワインとかに含まれているアレのこと?」と思うかもしれないが、まさにその通り。ココアには、「カカオ・ポリフェノール」という成分が含まれている。このポリフェノールは「抗酸化物質」としてかなり注目を浴びているのだ。

人が病気をしたり、老化するなどの体の不調の原因は「体がサビる」ことにある。「体がサビる?」って聞き慣れない言葉ではあるが、あの鉄などの表面が赤茶色に変色し、ボロボロになるのと同様に、人の体でもこの「サビ化」、つまり「体の中で酸化」が起きているのである。
その原因となっているのが「活性酸素」。困ったことに、その活性酸素がさまざまな病気の原因となってしまっているのだ。
(活性酸素の詳しい情報はこちら→「活性酸素って何だろう?」

<活性酸素はどんな影響を体に与える?>
動脈硬化が起こる これまで動脈硬化を起こす犯人はコレステロールだと言われていたが、悪玉コレステロール(LDL)そのものが犯人なのではなく、酸化されたLDLが原因だと分かってきた。
がんの発生 活性酸素が細胞に組み込まれたDNAを攻撃し狂わせてしまった結果、異種細胞が発生して増殖し、がんになる。
糖尿病の原因 活性酸素に攻撃されてインスリンの産出が減ったり、ブドウ糖が使われなくなってしまった結果、血中のブドウ糖が増えて糖尿病になる。
老化を早める 運動機能や内臓の機能の低下、物忘れ、眼の白内障、皮膚のシワ・シミなど、病気とまではいかない衰えの原因も活性酸素にある。

これらの活性酸素の攻撃から身を守るためにはたらくのが「抗酸化物質」と呼ばれるもの。スカベンジャーとも呼ばれているが、これは体内でつくられるものと食べ物などから取り入れるものがある。
食べ物に含まれるもののひとつが「ポリフェノール類」というワケなのだ。

ちなみに、ココアの原料となるカカオ豆(エクアドル産)100g中に含まれるポリフェノールは3.98g。
ココアには抗酸化作用が十分ある!!

ココアアイコン食物繊維が豊富

ココアに含まれる食物繊維は、リグニンという種類。大豆や小麦粉、とうもろこしなどと並ぶほど優れた繊維で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすはたらきがある。
食物繊維は大腸がんの予防や便秘解消に効果あり。
食物繊維

ココアアイコンミネラルが豊富

ココアは、ミネラルが豊富。特に鉄分が多く、貧血気味の人や生理のある女性が飲むと鉄分が補給されるのでいい。さらに、体内の余分な塩分を排出する作用のあるカリウムもたくさん含まれているのだ。
貧血の女性のイメージイラスト
<ピュアココア100g中の成分表>
エネルギー 277kcal ナトリウム 16mg
カリウム 2800mg ビタミンB1 0.16mg
14mg ビタミンB2 0.22mg
カルシウム 140mg 食物繊維総量 23.9g
※食品成分表より
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。