healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
栄養ドリンクは本当に効くのか


滋養強壮のドリンク剤の元祖といえば、リポビタンD。勝野洋の“ファイトいっぱ〜つ”のテレビCMがやたら懐かしい。今ではユンケル、ゼナ、リゲインなどなど、商品ラインナップも異常なほど充実。このページでは、飲むと不思議に力が湧いてくる、これら栄養ドリンク剤の秘密に迫ってみた!


見出し ドリンク剤を飲むと力が湧くのはナゼ?

ドリンク剤の成分

朝までに仕上げなければいけない仕事がある、でもちょっと疲れ気味。風邪気味で朝から調子悪い、でも大事な会議がある。こんな時、ドリンク剤を1本グイッと飲むと、不思議と元気が出てくる。
でも、なぜこんなに効くのか。もしかして「よしっ飲んだぞ」という心理的作用だけなんだろうか。
そこで、ドリンク剤の成分を調べてみた。商品によって違いはあるが、よく含まれているのは左のようなものだ。
アルコールについては、「アルコール0.9ml以下」などと表示してある。アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときに効く。一種の興奮剤のようなものだろう。ただし、効き目がきれるとドッと疲れが押し寄せる。
逆に、ビタミン補給のためとか、体の慢性的な不調をなおしたいなら、アルコールがなくビタミンがたっぷり配合されたものを飲むとよい。
生薬とは、ニンジン、ローヤルゼリー、イカリ草などのこと。強壮強精、食欲増進などの作用がある。

ところで、最近よく聞くタウリンとは何だろう。これはカキなどの食品の中に多く含まれるもので、副作用もなく、積極的に摂ると肝臓の機能を高めてくれるもの。さらに血液中のコレステロールを下げて生活習慣病の予防にも役立つという、いいことづくめのスグレモノらしい。近年、薬や栄養剤にどんどん取り入れられるようになってきている、話題の物質だ(成分表にはアミノエチルスルホン酸と表示されている)。


見出し 常用しても体に害はない?

さて、時々ドリンク剤を飲んでいるというMさんからのご質問、「定常的に飲むことによる害はあるのでしょうか」。さっそく専門家に聞いてみた。
成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品であるため、依存症になる可能性があるとのこと。またドリンク剤には、脳の働きを活性化させる(頭をスッキリさせる)ために、糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲みつづけると糖尿病につながる可能性もあるという。
さらに、アンケートに答えてくれたKさんは、自らの経験からこうアドバイスする。
「何日も飲みつづけるのは避けたほうがよいと思います。後から無理をした反動がきます。つまり、明日がレポートの提出で、“何が何でも今晩中に書き上げなければならない、でも今晩だけ頑張れば明日の夜はゆっくり休める”なんて時には、良いかもしれませんね。」
「効きにくい体質だから」などとまとめ飲みするなんてのは、もってのほか。カフェインの血中濃度があがってイライラや頭痛を起こすなど、副作用のもとだ。


見出し ドリンク剤は「飲み合わせ」に注意!

ドリンク剤の飲み合わせ

ドリンク剤に含まれるアルコールとカフェインが、ほかの薬との飲み合わせで障害を起こすことがある。むやみやたらに飲まないように。
1. 風邪薬や気管支拡張剤と一緒に飲まない
カフェインと、これらの薬の成分との相互作用により、頭痛を起こすことがある。
2. 睡眠薬や血糖下降剤(糖尿病治療薬)と一緒に飲まない
アルコール入りのドリンク剤の場合、これらの薬を一緒に飲むと、睡眠薬の効力が強くなりすぎたり、血糖のコントロールができなくなることがある。

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。