healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

手作り経口補水液で熱中症を予防しよう!

経口補水液で熱中症予防

熱中症の前段階として起きる脱水症を予防するには、糖分が多いスポーツドリンクよりも、水分と電解質のバランスがとれた経口補水液がおすすめです。経口補水液は市販のものもありますが、水、食塩、砂糖の分量を守れば自宅で手作りすることができます。ちびちびと少しずつ、作ったその日のうちに飲みきるのが、経口補水液の正しい飲み方です。市販のものでも手作りでも、経口補水液で水分補給をして、夏を元気に乗り切りましょう。

室内にいてもかかることがある熱中症

毎年夏になると必ず報じられる、熱中症による救急搬送のニュース。エアコンの効いた快適な環境に体が慣れている一方で、熱がこもりやすい都市部で暮らす現代人は、ひと昔前の人々よりも熱中症になるリスクが高いと考えられます。「熱中症は炎天下で運動や作業をしている人がなるもの」というイメージが強いかもしれませんが、実際には家の中で熱中症にかかり、救急搬送されるほど重症になっているケースは少なくありません。

熱中症予防の基本は、脱水症を予防すること

熱中症は、気温の高さだけによって引き起こされるわけではありません。体温が上がって汗をかくと、蒸発するときに熱が放出され、いわば打ち水と同じ原理で体温が下がります。しかし、大量の汗をかいたときは、体液に含まれる電解質(身体機能の維持に欠かせない、水に溶けると電気を通すナトリウムやカリウムなどの物質)と水分が不足して、脱水症になるリスクが高まります。脱水症になったときに脳から出されるのは、体液がそれ以上失われることを防ぐために、汗をかかないという指令です。汗をかかなくなると、体液は失われなくなりますが、体温が上昇して熱中症へと至ります。やがて脳が正常に働かなくなって、意識障害やけいれんが起きるようになるのです。

このように、熱中症は脱水症によって引き起こされます。そのため、適切な量の水分と電解質を補給して脱水症を防ぐことが、熱中症予防の基本だと言えます。この水分と電解質がもっともよいバランスで構成されていて、脱水症予防に最適なのが経口補水液です。

経口補水液とスポーツドリンクとの違いは?

水分補給と聞いて、スポーツドリンクを思い浮かべる方は多いかもしれません。経口補水液と比べて、スポーツドリンクは電解質の濃度が低く、糖分が多くなっています。スポーツドリンクでも水分補給はできますが、脱水症になりやすい状況や、すでに脱水症になっている場合は、経口補水液を飲むことが勧められます。

自宅で作れる!経口補水液のレシピ

経口補水液は薬局やドラッグストア、病院内の売店、インターネットなどで購入できますが、使われているのはどの家庭にもあるものなので、手作りすることもできます。

【経口補水液のレシピ】

以下の分量を守って混ぜれば、経口補水液のできあがりです。

  • ●水  1リットル
  • ●食塩 3グラム(小さじ1/2杯)
  • ●砂糖 40グラム(大さじ4と1/2杯)
  • ●レモン果汁 お好みで適量

経口補水液を飲むときは、ちびちびと少しずつ

経口補水液は、のどが渇いているからといってグビグビと一気に飲むのではなく、ちびちびと少しずつ飲むのが効果的な飲み方です。夏に外出するときは、ペットボトルや水筒、タンブラーなどに入れて携帯するようにしましょう。なお、手作りの経口補水液は雑菌の繁殖によって健康を損なうことがないように、作ったその日のうちに飲みきって、翌日は飲まないように注意する必要があります。
市販のものでも手作りでも、経口補水液で水分補給をして、夏を元気に乗り切りましょう。

更新日:2016年8月1日

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。