healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

50歳以上の人は2年に1回!胃がん検診を受けよう

50歳以上の人は2年に1回、胃がん検診を!

胃がんはかつて、日本人の部位別のがん死亡者数で、もっとも多いがんとして知られていました。近年は第1位でこそないものの、依然として男女ともに、部位別の死亡者数で肺がんや大腸がんとともに、上位を占めています。また、部位別の罹患者数(りかんしゃすう:がんにかかった人数)でも、胃がんは上位となっています。

自治体が行う胃がん検診として、厚生労働省から長年にわたり、バリウムを飲んで行うX線検査(レントゲン検査)が推奨されてきました。それが2016年4月以降より、X線検査とともに内視鏡検査(胃カメラ)も推奨されることになりました。さらに、対象年齢は「50歳以上」、実施間隔は「2年に1回」に変更されます。ただし、X線検査は当分の間、これまでどおり対象年齢は「40歳以上」、実施間隔は「1年に1回」としても、問題はないとされています。

厚生労働省が推奨する自治体の胃がん検診

  変更前 変更後
(2016年4月以降)
検診方法 X線検査 X線検査または内視鏡検査
対象年齢 40歳以上 50歳以上
実施間隔 1年に1回 2年に1回

推奨される胃がん検診を変更する根拠となったのは、韓国の大規模な調査の結果や、いち早く内視鏡検査を導入している新潟県・鳥取県での調査の結果です。これらによって、内視鏡検査で胃がんによる死亡率を下げられることや、「50歳以上・2年に1回」という対象年齢・実施間隔で問題ないことが確かめられました。
なお、胃がん検診の方法として、ほかにも血液検査(ペプシノゲン検査、ヘリコバクターピロリ抗体検査など)がありますが、厚生労働省が推奨する検診方法には含まれていません。

胃がんが疑われる人を見つけ出す「胃がん検診」と、診療として詳しく調べる「精密検査」

胃がん検診の結果が陽性(胃がんの疑いあり)だった場合は、精密検査を受けることが勧められます。精密検査で行われるのは内視鏡検査ですが、胃がん検診の内視鏡検査とは、異なる点があります。
胃がん検診の内視鏡検査は、胃がんの疑いのある人を発見することを目的として行われます。一方、「診療」と位置づけられる精密検査の場合は、色素の散布や細胞の採取など、体に働きかける処置が行われるという違いがあります。そのため、胃がん検診としての内視鏡検査よりは時間がかかり、体にかかる負担もそれだけ大きくなりますが、がんがある場合は進行度なども含め、より詳しく調べることができます。

胃がんは、早期に発見されれば90%以上の人が治る病気

内視鏡検査

胃がん検診の内視鏡検診を普及させるには、課題もあります。その一つが費用で、内視鏡検査は、X線検査よりも多くの費用がかかります。また、検査を実施する医師・医療施設の確保や、検診を行う体制の整備も必要であるため、すぐには導入できない自治体もあると考えられます。なお、自治体の胃がん検診でX線検査を受ける人が負担する費用は、自治体によっても異なりますが、安ければ無料で、高くても3,000円程度です。

胃がんは、早期に発見されれば90%以上の人が治ると言われています。発見が遅れれば、がんが進行して治る可能性も下がってしまうので、対象年齢に該当する方は、胃がん検診を受けることが勧められます。受けられる胃がん検診の内容や費用、実施している施設など、詳しくはお住まいの自治体のがん検診担当窓口に問い合わせましょう。

更新日:2015年11月16日

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。