healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

皮膚科で相談を!ある日突然、円形脱毛症になったら

ショック!突然見つかる、コイン大の頭髪の脱毛

ショック!突然見つかる、コイン大の頭髪の脱毛

ある日、円形の脱毛部分を鏡で見つけたら、あるいは家族から指摘されたら…。たとえ脱毛部分は小さくとも、発見したときのショックは、決して小さくないだろう。円形脱毛症は年齢や性別を問わない病気で、誰にでも突然起きうる。一般的な頭髪の脱毛にとどまらず、まれに眉毛やまつ毛、陰毛など、全身の体毛が抜け落ちる「全身性脱毛症」が起きることもある。このときのショックが非常に大きいであろうことは、想像に難くない。

原因はストレスではない!実は自己免疫疾患の一つ

円形脱毛症は、ストレスが原因の病気だと思われることが多い。しかし実際には、バセドウ病や関節リウマチ、橋本病などと同じく、自己免疫疾患の一つだと考えられており、体内に侵入した異物を攻撃するリンパ球が、毛根の細胞を攻撃することで起きる。ストレスは、その免疫システムの異常を起こす引き金として位置づけられる。

円形脱毛症になると、甲状腺炎や、皮膚が部分的に白くなる白斑を併発することがあり、これらも免疫システムの異常によって引き起こされている。円形脱毛症にかかった人の脱毛以外の症状として、ほかには爪のへこみがみられることが多い。

改善しない場合は皮膚科を受診しよう

円形脱毛症は多くの場合、特に治療をしなくとも、数ヵ月経つと再び毛が生えてくる。しかし、慢性化したり、脱毛部分が広がったりしたときは、塗り薬や飲み薬による治療が必要となる。脱毛部分が生え際である場合や、脱毛の範囲が広い場合、発症したのが思春期以前だった場合、アレルギー体質である場合などは、慢性化する危険性が高くなる。なかなか改善しない、あるいは日常生活に支障があるというときは、まずは皮膚科で医師に相談してみよう。

円形脱毛症の主な治療法

  • ●ステロイド外用剤の塗布
  • ●塩化カルプロニウム、ミノキシジルなど育毛外用剤の塗布
  • ●グリチルリチンなど経口育毛剤の服用
  • ●経口ステロイド剤の服用

※なかなか治らない場合は、次の治療法が行われることもある。

  • ●冷却療法
    脱毛部分を冷却して、発毛を促す治療法。軟らかいドライアイスを用いる雪状炭酸圧抵療法のほかに、液体窒素を用いる方法もある。
  • ●局所免疫療法
    脱毛部分にかぶれを引き起こす化学物質を塗布して、発毛を促進する。この方法でなぜ発毛が促されるのか、詳しい仕組みはまだわかっていない。

…など

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。