healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

女性に特有の高血圧を知っていますか?

高血圧は男性だけにあらず!

高血圧の患者さんと聞くと、一般的に中年の男性をイメージする人が多いのではないだろうか。確かに30代から50代頃までは、高血圧と診断される割合は男性のほうが高い。ところが、年齢が上がるにつれて高血圧の女性の割合は高くなっていき、65歳を超える頃には男性と同程度にまでなってしまう。
ほかにも、高血圧に関して、女性には男性に見られない特徴や、特有の高血圧が存在する。

妊娠して血圧が上がる「妊娠高血圧症候群」

女性に特有のものとして、妊娠している時期の高血圧が挙げられる。これらは「妊娠高血圧症候群」と総称され、元から血圧が高かった女性が妊娠した場合とは区別される。程度が軽ければ、通常は薬による治療は行わず、出産後に元に戻ることが多い。ただし、重症の場合には脳や心臓に影響を及ぼしかねないので、血圧を下げる薬を投与して治療を行う必要がある。

妊娠高血圧症候群

●妊娠高血圧

妊娠する前までは正常だった血圧が、妊娠20週を過ぎてから高くなった状態

●妊娠高血圧腎症

妊娠高血圧により腎臓が正常にはたらかなくなり、尿中にたんぱく質が漏れ出すたんぱく尿が見られるようになった状態

●子癇(しかん)

妊娠20週を過ぎてから初めてけいれん発作が起きた状態

●加重型妊娠高血圧腎症

次の3つの場合がある。

  • (1)妊娠20週より前から高血圧で、20週を過ぎてたんぱく尿が見られるようになった状態
  • (2)妊娠20週より前から高血圧とたんぱく尿が見られ、妊娠20週を過ぎてどちらか片方でも悪化した状態
  • (3)妊娠20週より前からたんぱく尿が見られ、20週を過ぎてから高血圧になった状態

なお、元から高血圧の人が妊娠した場合、軽症の妊娠高血圧と同程度に血圧が保たれていれば、出産に差し障りはない。ただし、糖尿病を合併しいている人や肥満の人、35歳以上の人などは、産科医と高血圧の専門医に相談するのが望ましいとされている。

35歳頃まで低血圧だった人でも更年期になると…

35歳頃まで低血圧だった人でも更年期になると…

更年期を迎えてから高血圧になる女性は多い。驚くべきことに、35歳頃まで低血圧と言われていた人でさえ例外ではなく、更年期に急に血圧が上昇して、高血圧と診断されるのも珍しくはない。
急に血圧が上がる原因として考えられているのは、体重の増加やホルモンバランスの変化、精神面の影響など。これらに対しては、血圧を下げる薬のほかに、ホルモン補充療法や向精神病薬などによる治療が行われることもある。

このように、たとえ現在は問題がなくても、女性は妊娠時や更年期に突然高血圧になることがある。中年の男性だけの問題だとは思わず、日頃から自分の血圧に関心を持つようにしたい。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。