healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

手がふるえる、歩くとき前かがみになる…
パーキンソン病の基礎知識

パーキンソン病ってどんな病気?

何もしていないのに手がふるえ、歩くときに前かがみになる。こんな症状が現れたら、それはパーキンソン病かもしれない。そのほかに、歩幅が狭くなることや、歩くときに手の振りがなくなることも特徴的な症状である。バランスが悪くなって転びやすくなるせいで、骨折も多くみられる。多くの場合、手のふるえなどの症状は、初めは左右のどちらかに起きる。それがゆっくりと少しずつ進行していき、やがてもう一方にも起きるようになる。

この病気は60歳前後で発症する人が多いが、それ以上の高齢者や20代の若者に起きることもある。なお、性別による差はほとんどない。

パーキンソン病のおもな症状

  • 何もしていないのに手がふるえる
  • 歩くときに前かがみになる
  • 歩幅が狭くなる
  • 歩くときに手の振りがなくなる
  • 顔の表情がかたくなる
  • 体の筋肉がかたくなる
  • 動作がゆっくりになり、動く回数も減る
  • 体のバランスが悪くなり転びやすくなる
  • 声が小さく早口になる
  • 2つ以上の動作が同時にできなくなる

…など

パーキンソン病が起こるしくみは?

パーキンソン病は遺伝によって起きることがあるが、はっきりした原因は現在もまだわかっていない。そのため、厚生労働省より治療の難しい特定疾患のひとつに指定されている。

原因は解明されていないものの、パーキンソン病が起きるしくみで明らかになっていることもある。脳内には血液の循環を促して体の動きを活発にさせるノルアドレナリンという神経伝達物質があるが、これに変わる前の段階であるドパミンという神経伝達物質が、パーキンソン病の患者の脳内では減少していることがわかっている。

脳の一部である中脳には、筋肉の緊張をコントロールする黒質(こくしつ)と呼ばれる部分がある。ここの神経細胞で作られたドパミンが、大脳にある線条体(せんじょうたい)という部分へ受け渡されることで、体の動きに関する命令が伝わる。パーキンソン病の症状である体の動きの異常は、黒質の神経細胞が減り、ドパミンの数も減ることによって、体全体への命令がうまく伝わらないせいで起きていると考えられる。

ドパミンの受け渡し

パーキンソン症候群との違いは?

手足のふるえや筋肉がかたくなるなどの症状は、他の病気でもみられることがある。脳血管の病気である多発性脳梗塞(たはつせいのうこうそく)や、神経の病気である大脳皮質基底核変性症(だいのうひしつきていかくへんせいしょう)などがそれにあたり、ほかにも薬や毒物の影響で同様の症状が現れることもある。パーキンソン病ではないが似た症状が現れるこれらを総じてパーキンソン症候群と呼ぶ。

パーキンソン症候群と区別してパーキンソン病と認定される条件は、以下のようになっている。

パーキンソン病の認定基準

手のふるえだけが現れている時期では、患者やその家族はもちろん、医師でも専門外であればパーキンソン病かどうかの判断はなかなかつかないもの。正確な診断を受けるためにも、神経内科のある専門機関で専門医に診てもらおう。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。