healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

花粉症は気道の病気!?
アレルギー性鼻炎と気管支喘息の関係

花粉症を含むアレルギー性鼻炎と気管支喘息の関係

春になると悩まされる人が多い花粉症は、季節性のアレルギー性鼻炎のひとつ。花粉症とともに通年性のものも含め、アレルギー性鼻炎の患者は年々増えており、2008年現在、国民の39.4%がアレルギー性鼻炎であるという(*1)。これは、10年前と比べると約10%上昇したことを示している。さらに2009年には、大規模な全国実態調査「SACRA(サクラ)サーベイ」によって、成人の喘息患者のうちアレルギー性鼻炎を合併している人が67.3%にのぼることが推定されると報告された(*2)

症状が鼻に現れるアレルギー性鼻炎と、気管支に現れる喘息。一見、関わりがなさそうな2つの病気だが、実は切っても切れない関係にある。海外で行われた調査(*3)において、喘息患者の60〜78%がアレルギー性鼻炎との合併があると報告されている。また、日本国内で2005年に行われた調査(*4)においても、成人の喘息患者のうち、アレルギー性鼻炎との合併がある人が48%を占めるという。さらに、どちらかが発症してその治療をしないと、もう一方も引き起こされ、お互いが悪化する可能性があることが明らかになっている。

喘息患者におけるアレルギー性鼻炎合併率
参考:大田健 第59回日本アレルギー学会秋季学術大会
2009年10月29-31日(秋田) 演題番号MS19-#2

ひと続きの気道の病気という考え「One airway,one disease」

離れた場所にある2つの器官の病気が関連しているのはなぜか。その答えは、どちらも気道で起きるというところにある。鼻やのどなどは上気道、気管支や肺などは下気道と総称される。これらは離れた場所にあるものの、ひと続きの空気の通り道となっている。そのうえ、2つの病気は原因となるアレルゲンや、炎症が起きる過程も共通している。

このことから、アレルギー性鼻炎も気管支喘息も、気道というひとつの器官の病気であるととらえる「One airway,one disease」という考えが、近年医療関係者の間では広まっているという。

上気道と下気道

患者の側からできること

気管支喘息だけでなくアレルギー性鼻炎の症状もきちんと医師に伝えられれば、別々の病気ではなく、ひとつの病気として治療を行うことができる。そのためには、両方が同じ病気だという認識を患者の側ももつ必要があるだろう。どちらかにかかっている人は、もう一方の可能性があることも意識して、適切な治療法でしっかりコントロールするようにしよう。

花粉症の患者も人ごとじゃない!
アレルギー性鼻炎と気管支喘息の患者はコレに注意

  • 2つの病気は、ひと続きの気道の病気だという認識をもとう
  • 放っておくとお互いが悪化するので、すぐに治療しよう
  • どちらか一方の診察の際、もう一方を治療中であれば治療法が変わる可能性があるので、治療中であることを医師にきちんと伝えよう
  • (*1)鼻アレルギー診療ガイドライン2009
  • (*2)大田健 第59回日本アレルギー学会秋季学術大会2009年10月29-31日(秋田)演題番号 MS19-#2
  • (*3)Grossman J Chest 1997;111:11S-16S.
  • (*4)赤澤晃他 気管支喘息の有病率・罹患率およびQOLに関する全年齢階級別全国調査に関する研究2005年度版

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。