healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

ある朝突然、片方の耳が聞こえなくなったら…

昨日まで健康だったのに…
耳の異常何の前ぶれもなく突然耳が聞こえなくなる病気、突発性難聴。
「突発性」とつくように朝起きたら突然、耳の異常に気づくのだと言う。「難聴」と言ってもただ単に聞こえが悪くなるのではない。「ワーン」「キーン」という不快な耳鳴りがしたり、めまい、悪心・嘔吐などのつらい症状をともなう。ひどくなると立っていられないほどの重い症状にみまわれることもあるようだ。

2001年に厚生労働省研究班が行った調査では、突発性難聴で治療を受けている人は推定、年間35,000人。40〜50代に発症することが多いが、若い人でもめずらしくはないと言う。

精神的ストレスも引き金になる?
突然襲ってくる怖い病気だが、いまのところ確かな原因は不明だ。内耳の循環が障害されていたり、ウイルス感染が原因と考えられるほか、精神的ストレスもある程度発症の引き金になっていると言われる。
治療法に関してはさまざまな研究がされているが、原因が不明なだけに確立された治療法はない。今のところ、副腎皮質ホルモン、循環改善剤、代謝賦活剤、ビタミン剤使用にくわえ、安静を保つなどの治療法が行われている。

40代・男性Aさんの例
それは本当に、突然やってきた。ある朝、Aさんが目覚めると耳が詰まったような不快感が。
仕事が多忙な中、健康のためにとプール通いをしており、最初は水が入って中耳炎にでもなったかと思った。仕事がたてこんでいることもあり、「耳鼻科で膿を抜いてもらえば治るから、急がなくてもいいか…」そう考えて放置。1ヵ月が経ったころ、帰りの通勤電車内で急なめまいが。
「ガタンゴトン」という地下鉄音の反響で吐き気をもよおしつつ、なんとか帰宅。
自分の声が頭の中に反響し、めまいまでして症状はひどくなるばかり。翌朝、急いで近くの耳鼻咽喉科にかけこんだところ、診断されたのは「突発性難聴」という聞きなれない病名だった。

とにかく急いで!治療のタイムリミット
耳鼻咽喉科A氏のように働きざかりの男性にとってはとくに、突然の難聴がもたらす精神的負担は大きい。それまでまったく健康だったのに突然病気になったことのショックに加え、耳の異常を常に自覚しないといけないため、強いストレスを感じることが多いようだ。
それまで言葉のコミュニケーションにより築いてきた友人や勤務先、家族との関係がいっきに不安定となり、精神的、経済的な負担も大きいだろう。

一般的には発症から約2週間以内が治療開始限度と言われており、この期間を過ぎると治る見こみは大幅に減る。「聞こえ方がおかしいな」と違和感を覚えたら、とにかく急いで耳鼻咽喉科で診察を受けよう。
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。