healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

笑う門には「健康」きたる

医療現場でも注目を集める「笑い」

笑い

ここ数年、世の中はお笑いブームである。テレビでは次々と新しいお笑い芸人が登場して人気者となり、バラエティ番組やCMで引っ張りだことなっているし、少し前まで古臭い印象もあった落語もブームが到来した。しかし、笑いが注目を集めるのは、芸の世界だけではない。実は最近、医学の分野でも笑いの効用に着目した研究が進み、さまざまな病気の予防や改善に役立つことが科学的にも証明されてきている。実際に治療の一環として「笑い」を取り入れている病院もあるのだ。
そこで今回は、新しい年に福をもたらす願いも込めて、笑いと健康について紹介しよう。

笑いの種類とメカニズム

まず笑いにはどんな性質のものがあるか、分類方法の一例を紹介しよう。

●「快」の笑い

種類
本能充足の笑い 満腹したときなど本能的な欲求が満たされると現れる
期待充足の笑い 試験に合格したなど、望みが叶ったときの感情的に最も明るい笑い
優越の笑い 失敗をネタにする漫才、権力者をこきおろすなど、あざ笑う笑い。ストレス解消に役立つ場合も
不調和の笑い 意味を取り違えたときなどの笑い。喜劇によく登場する
価値逆転・低下の笑い 夏目漱石『我輩は猫である』の猫が人間を笑うなど、本来下の立場にあるものが上にあるものを笑うときもの

●「社交上」の笑い

種類
協調の笑い 挨拶の笑みなど、相手とうまくやっていきたいことを表す笑い
防御の笑い 苦笑い、いわゆるジャパニーズ・スマイルなど
攻撃の笑い 冷笑、ブラックユーモアの笑いなど
価値無化の笑い 笑ってごまかす、苦笑、笑い飛ばすときの笑い
緊張緩和の笑い
強い緊張が緩んだときの笑い
危険が去ったときに思わず出る笑い。ジェットコースターに乗った後の笑いも同じ
弱い緊張が緩んだときの笑い 「なーんだ」と分かったときに思わず出る笑い、くすぐられたときの笑いなど

笑いは、目や耳などから入ってきたさまざまな刺激情報が脳に伝わり発生する。自律神経にも影響を及ぼす。たいていの笑いは、副交感神経が活発にはたらくリラックスした状態をもたらす。「笑うと消化がよくなる」といわれることがあるが、それは副交感神経優位のときには消化器官が活発にはたらくことと関連している。冷笑などの「攻撃の笑い」の一部でのみ、交感神経の緊張が高い状態にあるのだとか。

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。