healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

急いで!確定申告で使える「医療費控除」活用術

毎年、春が近づいていくると、なにやら忙しそうな人が増えるのに気づいたことはないだろうか。そう、師走より多忙な「確定申告」シーズンの到来だ。「会社員だから、自分には関係ない」と思っているあなた!実はサラリーマンでも、確定申告することによって、支払った医療費が戻ってくる可能性が大。これをほうっておく手はない。急いで申告しよう!

確定申告とは?

確定申告とは?

確定申告とは、前年1年間の所得額を申告し、納税額をあきらかにする手続き。期間は、 2月16日〜3月15日。最寄りの税務署などで申告する。あなたは「どうせ、関係があるのは自営業者だけ…」なんて思っていないだろうか?しかし、サラリーマンもけっして無関係ではないのだ。

たしかに通常は、給与所得のみを得ている人は、確定申告をする義務はないとされている(ただし、給与収入が2000万円以上の人、2ヵ所以上から給与を得ている人、副収入がある人などは別)。 だが、医療費控除、住宅ローン控除などは年末調整では処理されないので、控除を受けたければ自ら申告する必要がある。控除が適用されれば、個人的な事情による出費金額を所得金額から差し引く「所得控除」がおこなわれ、払いすぎた税金が戻ってくるのだ。面倒くさがらず、確定申告をしてお金を取り戻そう。

家族で10万円以上なら確定申告を!

昨年1年間にかかった、家族の医療費をすべて計算してみてほしい。合計で10万円以上になるようなら、控除を受けられる。入院や手術をしていないから無理…と、最初からあきらめている人が多いが、これが計算してみると、意外と結構な金額になることが多いのだ。

まず、この場合の「家族」とは、「生計を同じくする人」をさす。別居中でも、仕送りなどをしていれば「家族」にカウントされるので、かかった金額は必ず調べるようにしよう。さらに、「医療費」には、薬局で買った薬代、通院費なども含まれる。また、歯科でかかった入れ歯代や、場合によっては人間ドック代なども対象となるので、見逃さないようにしたい。とくに大きいのは、妊娠・出産にともなう費用だ。分娩費はもちろん、検診代、検査代、通院費なども医療費となる。

なお、10万円に達していなくても、総所得が200万円以下で、医療費がその5%以上となっている場合は控除される。例えば、150万円の所得があった人は、医療費が7万5000円以上かかっていれば対象者だ。以下のような人は、医療費控除を受けられる可能性が高い!該当するようなら要チェックだ。

【対象となるのはこんな人】

  • ・昨年に出産した人、妊娠中、出産予定のある人
  • ・歯科矯正などで歯医者に通った人
  • ・病院に行く回数の多かった人

実践!控除されるお金を計算してみよう

●STEP1 申告できる医療費を算出してみよう

■病院で…

  • ・入院・通院費用
  • ・差額ベッド代(治療に必要な場合のみ)
  • ・通院の交通費
  • ・緊急時のタクシー代 *1
  • ・人間ドック費用 *2
  • ・病院で出た食事代
  • ・家族以外の付添い人の交通費や付き添い料金
  • ・保健婦による入院付き添い費
  • ・医療機関によるデイサービスや在宅介護費用   など

*1:通常は対象外。ただし遠隔地の病院に通った場合は別
*2:検診で重大疾病が発見され、そのまま治療した場合

■歯医者で…

  • ・歯科技師による診療費や治療費(金歯、金冠、義歯など)
  • ・歯科ローン
  • ・発育途中の子どもの歯列矯正   など

■薬局・専門店で…

  • ・風邪薬
  • ・胃腸薬
  • ・漢方薬・ビタミン剤・補聴器・松葉杖 *3
  • ・成人用おむつ *4

*3:いずれも医師の指示によるもののみ
*4:ただし、医師の「おむつ使用証明書」が必要

■産婦人科で…

  • ・分娩費用
  • ・妊娠中の検診・検査
  • ・通院・定期健診の交通費
  • ・入院中の食事代
  • ・異常分娩・流産の際の手術・治療費
  • ・中絶費用 *5
  • ・不妊症の治療費   など

*5:母体保護法に基づき、医師がおこなう場合のみ

■その他

  • ・眼鏡代(医師の処方箋がある場合のみ)
  • ・弱視用眼鏡代
  • ・海外滞在中の病気治療費

こんな費用は申告できない!

  • ・美容整形費
  • ・未払いの医療費
  • ・予防接種代
  • ・見舞客の接待費
  • ・うがい薬代
  • ・血圧計代
  • ・スポークラブの会員費
  • ・診断書の作成費用
  • ・人間ドック(異常なしの場合)
  • ・入院中の身の回り品購入費
  • ・妊娠判定薬
  • ・出産のための里帰り交通費
  • ・本人の都合で使用した差額ベッド代
  • ・マイカーによる通院費(ガソリン代など)
  • ・美容のための歯列矯正
  • ・乱視・遠視用コンタクトレンズ代 など
  • ・ビタミン剤・栄養ドリンク剤(自己判断によるもの)

●STEP2 医療費控除金額を算出しよう

計算式

還付を受けるためのテクニック

  • ・日頃から、病院や薬局の領収書や交通費の明細、タクシーの領収書などを整理しておこう。
  • ・市販薬や物品の購入時は、治療に必要な費用であることを証明するため、できれば医師に一筆書いてもらおう。
  • ・共働き世帯の場合、所得の多い方が医療費控除の確定申告を。税率が高いので、還付額が高くなりやすい。
  • ・これまで申告していなかった場合も、過去5年前までさかのぼって控除を受けることが可能。今からでも遅くない!昔の領収書などがあれば、すべて整理して計算を。

もし、昨年分の医療費が10万円に達していない人でも、領収書などをとっておいたり、医療に関する記録をとるように心がけるなどして、来年の申告に備えよう。賢く申請して、損のないようにしよう!

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。