healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

働き盛りのあなたを襲う「突然死」
「突然死」はある日突然訪れる!?

突然死って?
突然死「ううっ!」と痛みを感じ、容態が急変してしまう。ある日突然のごとくやってくる死。
「事故や自殺などの外因性の原因がなく、それまでまったく病気がないか、あっても安定した状態にありすぐに悪化する気配がなかったのに、突然病気が発症して24時間以内に死んでしまう場合」を突然死と呼んでいる。とくに、発病から1時間以内に亡くなってしまったケースを「瞬間死」ということもある。

突然死を起こす直接の原因の約半数は心臓。残りは(くも膜下出血や脳内出血、脳梗塞など)や呼吸器系に原因があると言われている。

実際に突然死した人の実態を把握するのはとても難しい。なぜなら、突然死というのが死亡の原因ではなく、死に方の問題だからだ。ただ、突然死する人は意外に多く、亡くなる人の5人に1人が病気を発症して24時間以内に亡くなっているとも言われている。

突然死はどんな状況で起こるのか
予防医学の専門家・川村孝氏(京都大学保健管理センター長)らが、愛知県内の勤労者男女約20万人を対象に、1989年から7年間にわたって調査した中に、突然死した264人のデータがある。

40代、50代が最も多い
女性より男性のほうが約2倍の確率で起こる
月別にみると4月が多い(平均的な月に比べて1.62倍)
ウィークデーに比べて日曜日は1.9倍、土曜日が1.36倍と、週末に起こるケースが多い
深夜から未明にかけて起こることが多く、午前0時から3時は、午前9時から12時の1.71倍の確率
死因は、心臓血管系が半数以上。原因がわかっているものでは、急性心筋梗塞が最も多いが、8割方が原因不明で、心不全である(正確に言えば、心不全は死因ではなく、心臓が機能しなくなって停止したということ)
勤務中に突然死する確率は2割弱、勤務外が8割強。その内訳は、睡眠中が20%、入浴中が5%、用便中が5%と、自宅で倒れる確率が多い

このデータによると40代・50代の働き盛りの男性が突然死してしまったケースが目立つ。
また、 4月や週末に多いのは、おそらく職場や家庭の環境の変化などが精神的・肉体的ストレスとなっていることも原因ではないかと考えられている。

こんな前兆に要注意。「定期健診」を必ず受けよう
定期検診を受けよう 突然死はほんとうに「突然」やってくるのだろうか。その前触れはなにもないのだろうか?
実際、突然死を起こす前に前駆症状を訴える確率は低いそうだが、前兆がないわけではなさそうだ。
急性心筋梗塞やくも膜下出血などで突然死した人が事前に訴えていた自覚症状には、次のようなものがある。
<<こんな症状ありませんか?>>
1 近ごろ、体がだるく、疲れがなかなか取れない
2 熱っぽい状態が続いている
3 なんとなく体調が悪い
4 頭が痛い
5 食欲がない
6 時々胸が痛む
7 肩こりが激しい
8 手足がしびれる
このような症状は「風邪かな?」「睡眠不足かな?」とも思われるようなもので、取りたてて珍しい症状ではないため、自覚症状から突然死を予知することは難しい。結局のところ、定期健康診断などを受け、その結果、突然死する危険因子がないかどうかを判断するのが、一番の予防法なのである。定期健診で高血圧や高コレステロールなどの異常があった場合、「そうなんだ」と放っておかず、必ず生活習慣を改善し、治療を受けるなどするようにしよう。
<<健康診断でチェックするべき突然死の危険因子>>
血圧 収縮期血圧が160mmHg以上の人は、120mmHg未満の人に比べて7.4倍、拡張期血圧が100mmHg以上の人は、80mmHg未満の人に比べて5.2倍も突然死する確率が高い
コレステロール 総コレステロール値が、250mg/dl以上または140mg/dl未満だと突然死する確率が、2倍前後高くなる
肥満 BMI指数が、26.5以上の人は、標準の人に比べて2.7倍突然死する確率が高い
尿酸値 尿酸値が8.0mg/dl以上の人は、正常値の人に比べて3.4倍突然死する確率が高い
心電図 期外収縮(ふつうのリズムより早期に心臓が収縮する状態)や心房細動(心房筋が規則的な収縮をできなくなる状態)などの不整脈があると、突然死する確率は3.7倍になる
川村孝(京都大学保健管理センター長)ら調査


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。