healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

驚異の紫外線、その正体は?紫外線が多い時期は?

太陽の光は人が生命を営むために必要なものです。でも、最近、必ずしも太陽の光が身体にとっていいものばかりとは限らないようになってきました。その理由は紫外線にあります。紫外線がシミ、シワをつくる仕組みはどうなっているのでしょうか。

紫外線とは?

紫外線

紫外線とは、太陽光に含まれる光成分で、人の目には見えないものだ。可視光線(目に見える光線)よりも波長の短いもので、地球に届く太陽光のうちの6%程度に過ぎない。さらに、紫外線は、その波長によって3つに分けられる。

紫外線の種類は?

長波長(UVA) 321〜400nmの波長を持つもの。
紫外線のうち、約9割を占める。UVAを浴びた後の日焼けはそれほど皮膚が赤くならず、 あとで黒っぽい色素沈着が起こり、その状態をサンタンと呼ぶ。シミやシワの原因をつくる
中波長(UVB) 291〜320nmの波長を持つもの。UVAの線量の10分の1程度。
UVBは浴びた直後から赤くなり、皮がむけたり水泡ができたりするほどの日焼けになる。 その状態をサンバーンと呼ぶ。また、皮膚がんの原因になる。
短波長(UVC) 290nm以下の波長のもの。
現時点では、オゾン層が破壊されない限り、地表には届いていない。人工的にUVCを 放出させて利用しているのが殺菌灯。

5月は要注意!紫外線が多い時期

実は、紫外線は日がサンサンと照る暑い時期だけではなく、5月のようなさわやかな時期でも多い

紫外線の特徴

  • 春先の3、4月ごろからだんだん強くなり、5月から8月ごろまで多く、特に5月は多い
  • 夏に強く、冬に弱い
  • 1日のうちもっとも強いのは午前10時から午後2時の間。この時間に外出するなら、しっかりと紫外線対策をしよう。

紫外線がシミやシワをつくる仕組み

紫外線によって肌は急速に老化する。シミやシワがつくられる仕組みは以下のとおり。

紫外線による「シミ」はこうしてできる

シミ1

1. 紫外線を浴びる。

シミ2

2. それに対する防衛反応としてメラニン色素がたくさんつくられ、肌は黒くなる。

シミ3

3. メラニン色素はふつう28日周期の表皮の角化にともなって抜け落ち、肌色ももとに戻る。

シミ4

4. しかし、日焼けの程度がひどい場合、表皮が壊れてメラニン色素が真皮に落ち込み、色素沈着を起こしてシミになる。 軽い日焼けでも、人によっては色素沈着を起こすこともある。

紫外線による「シワ」はこうしてできる

シワ1

1. 紫外線を浴びる。

シワ2

2. 肌の弾力とハリを司るコラーゲンが断裂・変性する。コラーゲン産生量も低下する。

シワ3

3. 真皮が萎縮し、深いシワができる。

更新日:2001年5月14日