healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
「快眠学 PART1〜睡眠を探る!」
睡眠のメカニズムを解明!

11日間も眠らない!?
現代社会は「不眠の時代」ともいわれる。それは、さまざまなストレスなどにより「眠れない」人が増えているのと同時に、夜遊びやゲームなどにより夜型人間が増え、「眠らない」人が増えているからである。
しかし、人は眠らなければ生きてはいけない。ギネスブックによれば、断眠の世界記録は西海岸サンディエゴに住む17歳の少年の264時間12分(約11日間)だそうだ。断眠を始めて4日目からは精神的イライラが目立ち、白日夢が現れ、指の震えが起こって疲労感が強まっていたという。もちろん、彼の場合は特別であり、普通は毎日6〜8時間程度の睡眠が必要である。
人はなぜ眠るのだろうか。

人は脳のために眠る?
4人に1人が「寝られないから、カラダがいつも疲れてるんだ」と睡眠不足を感じている現代。しかし実はカラダのための睡眠は全体の5分の1だけで、そのほとんどが脳のための睡眠なのだ。人間にとって大切なのは脳の睡眠。脳が十分休めていないと、ココロだけでなくカラダも十分休めたという満足感が得られない。疲れているのは脳の方だったのだ。
下の図の通り、脳の進化した生物ほど、レム睡眠とノンレム睡眠の役割も進化し、うまく脳を休ませている。
脳の進化

レム睡眠とノンレム睡眠とは?
睡眠とは何か、を科学的に解明するうえで欠かせないのが脳波。この脳波の波形によってどんな眠りをしているのかが分かるのだ。眠りの種類は大きく分けてレム睡眠、ノンレム睡眠と呼ばれる2つのものがある。
レム睡眠のはたらき
Rapid Eye Movements(急速眼球運動)の頭文字をとってレム睡眠と呼ばれる睡眠は、脳波から見た脳の活動レベルは浅い眠り程度と判断されるのに、揺さぶりおこしても目が覚めにくく、実際には深く眠っているという特徴がある。
レム睡眠には、入眠後1時間30分ほどのノンレム睡眠の後に初めて現れ、その後ほぼ1時間30分間隔で一晩に4〜5回繰り返すという特徴がある。また、夢を見るのはこのレム睡眠の時だといわれている。
さらに、昼間見たり、聞いたり、触れた事を、一時的な記憶ではなく、長期的な記憶に固定する役割もある。また、昼間の学習が多ければ、レム睡眠も増える事が確認されている。この世に登場したばかりで、覚える事がいっぱいの新生児は睡眠の約半分がレム睡眠である。
ノンレム睡眠のはたらき
レム睡眠の反対で、眠りに入った時の「うつらうつら」から始まり、「すやすや」「ぐっすり」「ぐったり」とした眠りのこと。心身ともに深い眠りに入っている状態だ。ノンレム睡眠の時期には脳波の周波数が遅くなるなど、大脳の活動レベルが低下し、脳の休息に役立っている。眠くてどうしようもないときにほんの10分〜20分眠るだけでもスッキリとするのは、このノンレム睡眠のはたらきによるものなのだ。
睡眠時にはノンレム睡眠とレム睡眠がワンセットになって一晩に4〜5回このサイクルが繰り返されるが、朝が近づくにつれてノンレム睡眠が浅くなる。
レム睡眠とノンレム睡眠

(参考文献:「ぐっすり眠れる快眠ハンドブック」大熊輝雄著 ナツメ社、
「ぐっすり眠れる快眠学」児玉浩徳著 PHP)

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。