healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

紫外線=「おばあさん光線」!?

まだ真夏じゃないからヘーキ!?

春から紫外線量はぐんぐん増加中!「まだ真夏じゃないからヘーキ」なんて、油断は禁物。太陽光線には、赤外線、可視光線、紫外線の3種類あり、「暑い」と感じるのは赤外線、「まぶしい」と感じるのは可視光線によるもの。紫外線は、暑くもまぶしくもないので浴びているという自覚がないが、じつは肌の奥深くまでしっかり到達。その結果、メラニンが多量に作られてシミができたり、活性酸素が発生し肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンがダメージを受けてしわやたるみの原因となったりする。こうした紫外線による肌へのダメージのことをズバリ「光老化」という。ある女性タレントが紫外線のことを「おばあさん光線」と呼んでいたが、紫外線の作用をうまく言い表している。

紫外線対策、怠るべからず!

現在、紫外線ケアは1年を通じて行うべきだというのが定説。さらにもう一歩進んで、紫外線をシャットアウトすることと、活性酸素対策(抗酸化)の2本立てで考えるとより効果的だ。紫外線を浴びないためには、日焼け止め、帽子、長袖の衣服、サングラスなどの活用を。抗酸化は抗酸化成分と呼ばれるビタミン類、ポリフェノールなどの食品を食べ、体の中から抵抗力を高めたい。

紫外線をシャットアウトするなら…

  • ●日焼け止め
    普段使いなら、SPF15〜20・PA+〜++程度を目安に
  • ●帽子
    つばが7cm以上あるものが◎
  • ●衣服
    色が濃いほど、生地の目が細かく厚手のものほど紫外線を通しにくい
  • ●サングラス
    必ずUVカット表示のあるものを

活性酸素対策には…

  • ●ビタミンA
    西洋かぼちゃ、にんじん
  • ●ビタミンC
    アセロラ、グアバ、グレープフルーツ、レモン
  • ●ビタミンE
    アーモンド、ヘーゼルナッツ
  • ●ポリフェノール
    赤ワイン、バナナ、ブルーベリー、ぶどう、トマト

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。