healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

花粉対策のキホンは食生活にあり

食べたものが体を変化させる

花粉症患者が増加した要因として、日本人の食生活や住環境が変化したことも大きいと言われている。食事をとる回数を1日3回として1年間では1000回以上の計算になり、どんなものを体内にとり入れたかは私たちの体質づくりに大きく影響していると考えられる。

少しでもアレルギー症状をやわらげたい、花粉症にならない体質づくりをしたい、そんな人はふだんの食生活に気を配ってみよう。症状をやわらげたり、花粉症になりにくい体質づくりに役立てることは可能だ。

実践!花粉に打ち勝つカラダづくり

たばこ、アルコール、高タンパクな肉中心の食事、偏食は症状を悪化させる要因になる。
キホンは、栄養バランスのとれた食事をとること。その上で、花粉の飛びはじめる少し前からサプリメントを摂取すれば、症状の緩和を手助けしてくれる。具体的には「くしゃみ・鼻水」には抗ヒスタミン作用をもつ成分を利用し、「鼻づまり」には抗ロイコトリエン作用をもつ成分を利用すると良い。それぞれの作用が期待できるサプリメントが市販されているので、自分にあったサプリメントを試してみよう。
何種類かを組み合わせても問題となるような健康被害は報告されていないので、気になるサプリメントを複数同時に試してみるのもおススメ。

花粉対策におススメ!

α−リノレン酸

薬味や刺身のツマなど、日本の食卓の名脇役として欠かせないシソ。メインの食材ではないが栄養価はきわめて高く、名前の由来も「紫色で生命を蘇らせる(紫蘇)」からきている。このシソの実から抽出される油にはα−リノレン酸という脂肪酸が含まれており、免疫を調節する機能があることで有名だ。花粉がカラダに入ることで放出されるロイコトリエンをつくりにくくする作用があるといわれ、鼻の症状でお悩みの人にはうれしい味方だ。

甜茶ポリフェノール

甜茶は、中国南西部の山岳地帯に生息するバラ科の植物。古くから広西壮(チュワン)族自治区で「セキを払い、痰を切る」お茶として愛飲されてきた。正式名称を甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)という。甜茶に含まれるポリフェノールにはヒスタミンなどの化学物質が放出されるのを抑制し、花粉症のツライ症状をやわらげる効果があるといわれている。また花粉症のほかにアレルギー性鼻炎に効果があるとも。
<甜茶選びのポイント!>
健康によいとして実績のあるお茶だが、花粉症の症状をやわらげる甜茶ポリフェノールを含むのは、バラ科の甜葉懸鈎子だけ。甜茶にはアカネ科やユキノシタ科など複数の種類があるが、花粉症の味方となるのはバラ科の甜茶なので注意しよう。

バラの花エキス

バラの花エキスは、野生種のバラの花びらを加熱抽出した成分。タンニン類に属するポリフェノールの一種、オイゲニインなどの成分が花粉症やアレルギー性鼻炎をふせぐとして注目を浴びている。オイゲニインはIgEが肥満細胞に結合し、ヒスタミンが放出されるのを抑制するはたらきがあるといわれている。 バラの花エキスによる抗アレルギー効果については、オイゲニインだけでなく複数の有効成分の相乗作用によるとして研究が進行中。現在のはたらきに加え、潜在能力が期待大の成分だ。

まだまだあるおススメ成分

  • ●EPA/DHA
    青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸は、過剰にとったリノール酸系の油とのバランスを整え、免疫のはたらきを正常に戻す。また鼻のツライ症状をひきおこすロイコトリエンの産生を抑制する。
  • ●βカロテン、セレン、亜鉛
    鼻やのどの粘膜を強化してくれるので、花粉の症状が出る部位を保護するのにおススメ。セレンにはロイコトリエンを破壊する効果も期待されている。

花粉症患者の悩み「眠気」をどうする?

薬を飲むと眠くなる

花粉症患者に多い「薬を飲むと眠くなる」悩み。
とくに市販の内服薬として販売されている第一世代の抗ヒスタミン薬は、副作用として眠気が強い。医療機関で処方される第二世代の抗ヒスタミン薬は眠気こそ少ないが、効果がでるまでに多少時間がかかる。効果や眠気には個人差もあるので、医師や薬剤師と相談して自分にあった薬を飲むようにしよう。

それでも「受験を控えているので眠気の出る薬は極力控えたい」「妊娠を考えているので薬は避けたい」「仕事が営業職で車を運転するので、薬以外の方法で」などと考える人にとっては、サプリメントは花粉症対策の心強い手段だ。サプリメントに眠くなる成分は含まれていないので、安心して使用することができる。
生活や体質など、さまざまな要素を考慮しながら自分にあった対策を考えることがベストだ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。