healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

もしヘルペスにかかったらどうしよう?

何科にいけばいいの?

早めに治療!

ヘルペスも早めの治療が大切。早い時期に治療を始めるほど、軽い症状ですむし治りも早い。通常、ヘルペスは皮膚科が得意とする病気だ。患部が性器の周辺のときは、男性なら泌尿器科、女性なら婦人科でもよい。
ところで帯状疱疹の症状では神経痛に似た痛みが伴うこともあるので、初期の段階では整形外科や内科にかかる人も多いらしい。しかし、帯状疱疹は普通は一生に一度しかかからないし、水ぶくれが出ていないと診断が難しい。早期に効果的な治療が受けられるように、私たち患者自身が病気の知識をきちんと身に付けておくことも大切といえそうだ。

治療法の現状

ヘルペスの治療には、ウイルスの増殖を抑えるはたらきがある「抗ヘルペス薬」が使われる。抗ヘルペス薬には塗り薬と飲み薬があるが、症状がひどい場合は入院して点滴注射をすることもある。
ヘルペスは体内に潜んでいたウイルスが逆戻りをして症状が起きるため、飲み薬で体のもとからヘルペスウイルスの増殖を抑えることが有効といわれている。口唇ヘルペス・性器ヘルペスの再発の場合、ピリピリ、チクチク、ムズムズといった前兆を感じたら、早めに受診して治療を受けることが、早く治すための近道だ。
強い痛みに対しては、鎮痛剤などを投与することもある。ただ、皮膚の帯状疱疹が治った後に残る帯状疱疹後神経痛の場合は少し状況が違っている。
実は、帯状疱疹後神経痛はヘルペスウイルスによって神経が破壊されてしまうことが原因。抗ヘルペス薬はヘルペスウイルスが増えるのを抑える薬なので、ヘルペスウイルスが活動していないこの時期の痛みをとることはできない。一旦、傷ついた神経を治療するのは困難だし、長期間の治療が必要になってしまうこともある。だから帯状疱疹後神経痛が残らないように、できるだけ早く皮膚科で診てもらおう。

抗ヘルペス薬

  • バラシクロビル
  • アシクロビル
  • ビダラビン など

日常生活ではこんなことに注意しよう

口唇ヘルペスや性器ヘルペスでは、患部を自分自身で触ることで他の部位にうつしてしまう危険もある。ムズムズやピリピリ感が気になって、無意識に触ってしまうこともあるから注意しよう。

患部に触れた指で目を触らないこと

  • 患部に触れた後や、外用薬を塗った後にはしっかり手を洗おう
  • 患部に触れた指で目を触らないこと
  • コンタクトレンズを唾液で濡らして装着しないこと(目に感染して発症する角膜ヘルペスは、失明する危険性があり要注意)
  • 水ぶくれは破らないこと

治療法の将来について

現在、日本では発症した時の治療に限って抗ヘルペス薬が使われるのが現状だ。一方、欧米では性器ヘルペスに対して「抑制療法」と呼ばれる治療も認められている。抑制療法というのは、頻繁にヘルペスの再発を繰り返す場合に、再発を抑えるために、症状が出ていないときにも抗ヘルペス薬を使用し続ける方法。繰り返す再発は身体的苦痛に加え、人にうつすことへの不安など精神的にもさまざまな苦痛を伴う。抑制療法が許可されればこのような苦痛や悩みを軽減することもできるだろう。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。