healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

「肌が荒れる」ってどういうこと?

見出し肌のトラブル、原因は「うるおい不足」

鏡に映ったあなたの顔。目元や口元がカサカサしていたり、吹き出物ができていたり、シミやソバカスが目立ったり、たるみやしわが気になるなど、何かトラブルを起こしてはいないだろうか?
こうした肌のトラブルの大きな原因に「うるおい不足」が考えられる。うるおいとは水分のこと。肌の水分は角質層の3つのバリア機能によって守られている。

健康な皮膚
バリア1 天然うるおい成分「NMF」 天然うるおい成分NMF(Natural Moisturizing Factor)は角質細胞内に点在し、水分を角質層の中に閉じ込めている。
バリア2 皮脂膜 皮脂膜は皮脂腺が分泌する脂肪分で作られていて、水分の蒸散を防ぐことで肌の乾燥を防ぐと同時に外界からの刺激から肌を守っている。
バリア3 細胞間脂質「セラミド」など セラミドは角質層を構成する脂質のうちの主な成分で、角質がはがれたりめくれたりしないようにつなぎとめる役割を果たしている。

特に注目したいのは、バリア1「天然うるおい成分『NMF』」。NMFは、およそ半分がアミノ酸(約40%)とアミノ酸から作られている成分・PCA(約12%)で構成されている。NMFが不足すると角質細胞そのもののうるおいが減ってしまい、角質層の重なりが乱れて肌荒れや乾燥などのトラブルを招いてしまう。 荒れた肌や、花粉症・アトピーなどのトラブル肌のアミノ酸量を測ると、健康な肌の約6割以下にまで低下しているという調査報告があったり(味の素データ)、アミノ酸量は年齢と共に低下傾向にあることもわかっている。つまり、肌のうるおいはアミノ酸によって左右されているのだ。
うるおいのある肌、うるおい不足の肌

見出し角質にうるおいを!「コルネオセラピー(角質ケア)」

皮膚は真皮、表皮、角質の3層から成っている。真皮層で誕生した表皮細胞は次第に表面に押し上げられて角質層になり、やがてはがれ落ちてゆく。このサイクルを「ターンオーバー」といい、約4週間で1サイクルが終了する。
規則正しいターンオーバーを促すためには、角質層のNMFとセラミドのバランスが大切。もし肌が乾燥していたりしてNMFが不足していると、角質層から<肌荒れ>のシグナルが表皮→真皮へと伝えられる。また、真皮層で新しく生まれる表皮細胞にも<肌荒れ>シグナルが伝わり、本来の健康な表皮細胞ではなく、<調子の悪い表皮細胞>が生まれてしまう。その結果、今度は逆に<調子の悪い表皮細胞>が真皮→表皮→角質層へと押し出されるという、「肌荒れスパイラル」を繰り返してしまうのだ。
もちろんその逆に、角質層の状態が良好だとその状態が表皮→真皮へと伝わり、整った肌の状態を保つことができる。

角質ケア→コルネオセラピー
角質ケア→コルネオセラピー

このように、角質層(コルネオサイト)を整えれば、皮膚内の情報伝達により必然的に表皮・真皮も整い、その結果、正常なサイクルで代謝が行われるというメカニズムを「コルネオセラピー」と言い、専門家の間では数年前から注目を集めている。角質細胞を良い状態、つまり「うるおい状態」にするためには、NMFの主成分であるアミノ酸を肌に直接届ける方法が有効だ。
数年前、フルーツ酸などを用いて角質を無理やりはがし、ターンオーバーを促すという方法がはやったが、これは正しい意味でのコルネオセラピーではない。アミノ酸をきちんと角質層に補い、ひとつひとつの角質細胞がNMFをキープして正常な状態にすることから、肌全体を健康にしていこうというのが、コルネオセラピーの基本的な考え方だ。

もちろん、バランスのとれた食事で良質のアミノ酸を補給し、体内から真皮へとアミノ酸を送ってやることも美肌にとって大切なこと。逆にファーストフードなどの偏った食生活や睡眠不足、喫煙習慣、ストレスなどの荒れた生活は肌荒れにも直結することを心しておこう。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。