healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
冬はやっぱり鍋!

見出し野菜もたくさん食べられる「鍋」に決定!

冬の食べ物と言えば、やっぱり「鍋」。鍋料理の特徴は、何と言っても「体が温まる」こと。
人間にとって温かい食べ物は、体にもココロにも、とても重要なのだ。医食同源が当り前の香港では、日本より気温が高いにもかかわらず、デザートさえも温かく、冷たいものはあまり口にしない。
内側から体を冷やさない「温かさ」そのものも、私たちにとって良い「医」の効果がある。


<鍋料理はココがいい!>


鍋はココロも体も温める ★体が温まる!
鍋は冬を乗り切る最強の料理方法。
野菜は煮込むことによって食物繊維が柔らかくなり、生よりも多く食べることができる。さらに、スープにもビタミン・ミネラルが溶け出しているため、スープも味わえる鍋料理は、まさに栄養の宝庫だ。
また、野菜に含まれるペクチンは、胃の調子を整えるはたらきがあるので、胃腸薬を一緒に飲んでいるも同然。「温かい」鍋料理はいいことづくめである。

★ココロも温まる!
鍋はどちらかと言えば、ひとりで食べる料理ではなくワイワイと2人以上で食べる料理だ。そしてなぜか鍋を囲む時は、会話がはずむ。「あれ入れて」「コレ食べて」と話が続き、時には「笑い」が起こることもある。「笑い」は体を健康にし、ストレスを解消してくれるもの。
鍋料理は体だけでなく、ココロも温める、ニクイ食べ物なのだ!

見出し体にオススメ!鍋料理はコレ!

お正月あけ、な〜んか体調が整わない時にオススメの鍋をご紹介。冬野菜ばかりじゃないけど、こんな症状がある時にはこの鍋料理で解消しよう!

体にいい鍋料理
冷え性キムチ鍋キムチは汁ごと。スライスしたニンニクを入れるとアリシン成分のはたらきで、更に血行が良くなる。
風邪ぎみほうとう鍋カボチャの豊富なカロチンにより、のど・胃の粘膜を守り風邪を予防。里芋などの根菜類は体の中で温かさが持続する。薬味にとうがらしを入れ、更に温かさがアップ!
貧血・疲れ眼柳川鍋どじょうの鉄分は、ほうれん草より多い。まるごと食べ、カルシウムもとろう。コレステロール値の調整のため、繊維の豊富なゴボウを入れる。
高血圧海鮮鍋エビ・カニ・ホタテ・タコ・イカなどに含まれるタウリンがコレステロール値を下げ血圧を一定に保つ。ただし食べ過ぎには注意!

見出し薬味でアレンジ

いつも同じ鍋では、ちょっと飽きちゃう…と思うなら、今日は薬味をアレンジしてみよう。薬味を変えるだけでも、随分違った味で楽しめるのだ。

鍋料理の薬味一覧
わさび鶏ガラ・カツオだしの鍋に。わさびの辛味成分・シニグリンにより胃酸の分泌を調整。食欲増進。
おろしニンニクだし仕立ての鍋に。ニンニク臭成分・アリシンは殺菌作用があり、風邪に効く!
バター味噌仕立ての鍋に。意外にオツ!ビタミンAが豊富で細菌への抵抗力アップ。
一味・七味ほぼ万能のスパイス。体を温め、新陳代謝を活発にすることで食欲増進、たんぱく質の消化を促進。
いり胡麻ポン酢仕立てのたれなどに。コレステロールをとりのぞく不飽和脂肪酸により、動脈硬化を防ぐ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。