healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?


あなたの便秘はどんなタイプ?


便秘は、その原因と症状によっていくつかのタイプに分けることができる。下にまとめているのは、生活を変えれば治ることが多い便秘。このような生活をしていないのに便秘気味という人は、もともとの体質や妊娠、何らかの疾病などが原因であることも考えられる。このような便秘については別にまとめてあるのでこちら「こんな便秘は病院に」へ。

見出し便秘のタイプをチェックしよう

TYPE1
普段の生活
食事は肉中心、野菜はあまり食べない
普段、運動不足気味
便意を感じてもトイレに行く暇がない
 
便秘の症状
便が出る頻度が少ない(毎日出ることはあまりない)。便を出すのに苦労する。 便は固くて黒っぽいことが多い。
↓
弛緩(しかん)性便秘詳しくはこちらへ

TYPE2
普段の生活
仕事などでストレスを感じることが多い
生活リズムが不規則である
便秘の症状
食後に強い腹痛をともなう便意を感じる。便の量が少なくコロコロしていたり、便に粘液のような ものがついていることがある。また、何日か便秘の状態が続いた後、下痢を起こすことがある。
↓
過敏性腸症候群詳しくはこちらへ

TYPE3
普段の生活
下剤をよく利用している
便秘の症状
大きなコロコロの便が出ることが多い
↓
直腸型便秘詳しくはこちらへ

見出しこんな便秘どうして起こる?

腸を鍛えれば治る!! 弛緩(しかん)性便秘
日本人に最も多いタイプ。大腸の筋肉がゆるんで、便を外に出そうとする腸の「ぜんどう運動」が弱くなってしまったために起こる便秘。

主に次のような原因で起こる。

1 肉が多く野菜が少ない食生活で、便の量が少なくなる。その分ぜんどう運動を起こす刺激が減る。ダイエットで極端に食べる量を減らしても起こる。
2 運動不足で腹筋がゆるんで便を外に出す力が弱くなる。
3 便意を感じても忙しくてトイレに行かない生活が続くことで、便意を感じる力が弱くなる。

従って、これらの生活習慣を改めることによって、「便を捕らえて押し出す力」「便を外に出す力」「便意を脳に伝える力」というような腸のはたらきを回復させることで治る可能性が高い。

なお、生活習慣+病気が原因で起こる便秘もある。「突然便秘になってしまった」「便に血が付いていたり、色がおかしい」ような場合は、病院で検査を受けるようにしよう。

ストレス解消の道を探そう。過敏性腸症候群
ストレスなどが原因で自律神経が乱れるため、大腸のぜんどう運動がおかしくなり起こる便秘。
ぜんどう運動が強すぎて、腸の一部がけいれんを起こしてくびれてしまい、そこを便が通りにくくなるため、腹痛などの症状がある。このため「けいれん性便秘」とも呼ばれていて、比較的若い人に多い。
これを治すには、ストレスを取り除くことが一番。スポーツや趣味など、日ごろのストレス解消法を自分で見つけられればいいが、なかなかそうはいかないという人は、病院などで相談することをお薦め。

下剤はなるべく使わないで!! 直腸型便秘
下剤や浣腸の使い過ぎで、本来持っている「便意を脳に伝える力」や「便を捕らえて押し出す力」が弱くなってしまったために起こる便秘。おおもとの原因は、弛緩(しかん)性便秘であることが多いので、下剤や浣腸に頼らず、生活を変えることで便秘解消させる努力が必要だ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。