healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

音楽で心や体を健康に!音楽療法とは

音楽によって心や体を健康な状態にする療法を音楽療法(ミュージック・ヒーリング)といいます。いったい、いつごろから行われていたのでしょうか?その歴史をご紹介します。

音楽療法(ミュージック・ヒーリング)とは

音楽を聴いて、楽しい気持ちになったり、スッキリした経験はだれにでもあることだろう。音楽には不思議な力が秘められている。
音楽療法(ミュージック・ヒーリング)とは、この力を最大限に利用して心や身体を健康にすること。もちろん、音楽を聴くだけでなく、楽器を演奏したり歌をうたうことも、これに含まれる。

医療としての音楽療法も最近、さまざまな医療現場で取り入れられてきており、今後注目すべき治療法のひとつである。

音楽と癒しの歴史

音楽が癒しに使われた歴史は、かなり古い。

古代では

およそ3000年前、ユダヤ王サウルのうつ病を羊飼いの若者ダビデが奏でるハープの調べで治した。
アリストテレスは、音楽にはカタルシス効果(身体に溜まった苦悩やもやもやを吐き出してすっきりさせること)がある、と述べている。

中世では

基本的にはキリスト教が病気に対する考え方も強く支配していた時代。
しかし、ルネッサンス期へと移るにつれて、音楽と医療と美術(画家たちによる解剖図など)の総合的な活動が行われるようになってきた。例えば、坐骨神経痛の患者の患部の上でフルートを演奏して治癒したなど。

近代では

音楽療法の主役はアメリカへと移る。当時の大統領ジョージ・ワシントンが音楽療法に非常に興味を持ち、軍隊などにも使われだした。

現代では

次第に医療において補助的療法だと認められてきている。例えば、精神疾患をもつ患者のレクリエーションとして、楽器を演奏することで発声訓練をしたり、うつ病・精神不安定な状態の患者の治療に積極的に取り入れている。また、重度心身障害児の精神発達のための治療方法としても取り入れられている。

日本の音楽療法

20世紀に入ってからは、行動科学的な研究が進み、音楽療法は心身ともに健康にするためのものだとはっきりしてきた。そして、1995年には、全日本音楽療法連盟(全音連)が設立され、音楽療法士の資格認定が行われ、1997年4月には、100名の全音連認定・音楽療法士が誕生した。

この音楽療法士は、現在、心理的障害、身体的障害、発達障害、老化現象にもとづく日常生活の困難などを治療するためのさまざまな場面で活躍している。

更新日:2001年4月9日