healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

活性酸素たまりやすい度チェック

見出し 生活習慣・環境が活性酸素を増やす

さて、体内で活性酸素が発生するメカニズムはこれだけではない。周辺の環境や喫煙、ストレスなど生活習慣が原因で発生しやすくなることもあるのだ。あなたの場合は大丈夫?

Check1 コンビニやスーパーの惣菜など、加工食品を食べることが多い

ほとんどの加工食品には食品添加物が使われている。食品添加物は体内に吸収された後、肝臓で解毒されるが、この過程で活性酸素が発生して肝臓を攻撃、肝機能障害などの原因になる。 お店で見分けることは難しいが、野菜の残留農薬も同じように活性酸素発生のもとになる。

Check2 お酒をよく飲む
お酒のアルコールも体内に吸収されると異物として肝臓で解毒され、活性酸素が発生するのだ。
Check3 たばこを吸う

たばこの煙にはタールやニコチンの他、活性酸素である過酸化水素も含まれている。喫煙によって 活性酸素を吸い込んでいるわけである。また、喫煙者の肺にタールが入ると、体内の免疫システムがはたらいて、活性酸素を吹きかけて攻撃しようとし、肺の組織をどんどん破壊してしまうのである。

たばこを吸うと息切れするようになる原因は、肺の組織が活性酸素に破壊され機能が落ちているせいとも 考えられる。

Check4 最近、激しい運動を始めた
激しいスポーツを行うと、呼吸量が増える。つまり、必要以上に多量の酸素を身体に取り込むことに なる。また、必要なエネルギー量も一気に増えるため活性酸素が発生しやすい。ただし、ウォーキングなどの軽い運動を長時間行うなら大丈夫。活性酸素に負けない身体を作るためにも、毎日継続して行おう。また、成長期の子どもたちが行う運動も、骨や筋肉を発達させるために重要だ。
Check5 外回りの仕事が多い
紫外線やX線は身体の表面を通り抜け、体内の水分(H2O)やスーパーオキシド、過酸化水素を刺激 して、もっとも有害なヒドロキシラジカルを大量発生させ、皮膚を内側から破壊していくのである。しみ、しわだけでなく、皮膚がんとの関係も指摘されているから要注意。そろそろ男性も、紫外線対策に 敏感になったほうがいいのでは?
Check6 ストレスを感じることが多い
強いストレスを受けると、体内で副腎皮質ホルモンが分泌される。身体が熱くなったり、胃が重くなっ たりといった、身体の緊張、興奮状態はこのホルモンによってもたらされるのだ。一方、この状態を元に戻すために、副腎皮質ホルモンを分解する酵素が分泌される。活性酸素はホルモンが分泌される過程、分解される過程で発生する。
Check7 空気のよくないところに住んでいる
大きな道路の側や、工場や産業廃棄物処理場の近くなどで、汚染された空気を常に吸っている環境 だと、喫煙のときと同様、肺で免疫システムがはたらいたり、解毒の際に活性酸素が発生したりする。


見出し 活性酸素はオゾン層も破壊する

活性酸素は生物の体内だけで発生するのではない。私たちを取り巻く空気中にも存在し、大気汚染に一役かっている。例えば、フロンガス。オゾン層破壊の原因として有名だが、実際に破壊しているのはフロンが変化したヒドロキシラジカルを始めとする化合物なのである。

また、ヒドロキシラジカルは酸性雨の元でもある。大気中で作られたヒドロキシラジカルと、石油や産業廃棄物を燃焼するときに発生する硝酸や硫酸が結びついて酸性の雨になるのだ。

このような環境では、自分だけがんばっても活性酸素の発生を防ぐのは難しそう。しかし、人間の体内には活性酸素を撃退する機能も備わっている。発生を防ぐとともに、抵抗力を強めることで、活性酸素の害から身を守ることが十分できるのである。


みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。