healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?


おいしいミネラルウォーター使い


見出し ミネラルウォーター使いわけ術


日本人はミネラルが不足しがちだからといって、なんでもミネラルウォーターを使えば良いというものでもない。硬度別「おいしい使い方」というのがあるのだ!

硬度とは、ミネラルの中でも量が多いカルシウム、マグネシウムの含有量のこと。
ちなみに水道水の硬度は、30〜100程度と言われている。

硬度50以下
(軟水)
野菜料理、炊飯、和風のだし、お茶、コーヒーなど
硬度50〜100
(中程度の軟水)
炊飯、調理、コーヒーなど
硬度170前後の水
(硬水)
ウイスキーの水割り、洋風だし、肉の煮込みやアク抜き
硬度300の水
(非常な硬水)
食欲増進の効果があるので、食前酒の代わりに
硬度600を超える水
(更に非常な硬水)
便秘対策、スポーツ後のミネラル補給などに


硬度についての表示がない場合の計算方法は…
『(カルシウム)×2.5+(マグネシウム)×4=硬度』


見出し ミネラルウォーターを「おいしさ」で選ぶヒント!


上は、何かに使うときの選び方だが、「そのまま飲む」としたら、どのミネラルウォーターを選べば「おいしい」のだろうか? その「おいしさ」を決定づけるのは、とても難しい…。個人の好みは、さまざまだからだ。多くの日本人が好む軟水より「私は硬水の方が好き」という人もいるだろう。

そこでアナタの「好み」に合いそうな水探しのヒントになる「おいしさの違い」を紹介しよう!

水質項目 おいしい水の要件 おいしさの違いは?
蒸発残留物 30〜200mg/l 主にミネラルの含有量を示す。量が多いと苦み・渋味が増し、適度に含まれるとこくのある、まろやかな味がする
硬度 10〜100mg/l 硬度の低い水は「くせ」がない。高いと「くせ」があるため、人によって好き嫌いが出る。 カルシウムに比べ、マグネシウムの多い水は苦みを増す
遊離炭酸 3〜30mg/l 水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる
水温 最高20℃以下 水は冷やすことによっておいしく飲める
おいしい水の水質条件より主な項目を抜粋(厚生省、おいしい水研究会、1985年)

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。