healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
ヨーグルトの乳酸菌はお腹の中には住みつかない?


見出し 腸内ビフィズス菌応援団!ヨーグルト
死んでる乳酸菌君

ヨーグルトの乳酸菌は、腸内の善玉菌にはたらいて、お腹に良いとよく聞くが、具体的にはどんなメカニズムで効くのだろう?
ヨーグルトを食べると、ビフィズス菌などの乳酸菌が、そのまま住みついて良いはたらきをしてくれるような錯覚をしてないだろうか?実は残念ながら、食べたビフィズス菌の多くは、胃の中などで死んでしまうのだ。しかし、それでもヨーグルトを毎日食べることは確実に健康効果がある。それはヨーグルトが、もともとお腹に住んでいる善玉菌の腸内ビフィズス菌などを増やし、勢力を拡大する手助けをしてくれるからなのだ。


手助け1 「乳糖」のはたらき
善玉菌にも、生きて増殖していくためには「食べ物」が必要だ。好物は糖分。中でも食べ物となりやすいのが、乳製品に含まれている糖分=乳糖である。乳糖は、普通の砂糖より分解されにくいため、そのまま腸まで届き、ビフィズス菌のエサになってくれる。そして乳酸、酢酸などの酸性物質を作り出し、悪玉菌をおさえこむのだ。
乳糖は、ヨーグルトはもちろん牛乳、チーズなどさまざまな乳製品に入っている。これを摂っていれば、腸内ビフィズス菌は豊富な食べ物に恵まれ、良くはたらいてくれる。ヨーグルトの良さは、乳酸菌だけではなく、この乳糖にもあるのだ。

手助け2 「生きて腸に届いた乳酸菌」のはたらき
ヨーグルトの乳酸菌の多くは、実は胃酸などで死んでしまう。それでも腸の中の乳酸菌と同じ種類のもののうち、いくらかは生きたまま腸に届き、比較的長い間そこで活躍してくれるものもいる。ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの「定住菌種」と呼ばれるものだ。ヨーグルトのビフィズス菌は腸内ビフィズス菌と同じではないため、腸内には永住はできないが、ゆっくりと通過する間に酸を作り出し、酸性に弱い悪玉菌をおさえる。こうして、腸内ビフィズス菌などの善玉菌が活躍しやすいように手助けしてくれるのだ。

手助け3 「死んでしまった乳酸菌」のはたらき
残念なことに、生きて腸まで到達できる乳酸菌はわずかである。しかし、実は死んでしまった乳酸菌も、十分役に立ってくれるのだ!
死んだ乳酸菌は、まるで食物繊維と同じようなはたらきをしてくれる。つまり、ジャマな悪玉菌の死骸を吸着して、体外へと連れ去ってくれるのだ。おかげでキレイになった腸内は、善玉菌が住みやすく、増えやすい環境になる。
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。