healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
くしゃみ・鼻水にだって理由がある!


見出し 花粉症の症状が出るのは、身体にとって必要なこと


花粉症のツラ〜イ、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・涙…。本来は人間に害がないはずの、スギなどの花粉に過剰反応して出るものです。これらは、花粉が何か悪さをして出させているわけではありません。身体が必要と思って出しているのです。それぞれきちんと、訳があっての反応なのです。くしゃみや鼻水を恨む前に、そのはたらきを見てみましょう!


見出し せき・くしゃみの飛距離とは?


鼻やのどに花粉などの異物が侵入してきた時、その攻撃の先鋒として出るのがくしゃみです。くしゃみは、粘膜から異物を吹き飛ばす役割をしています。
東京都立衛生研究所の検査・測定によると、せき・くしゃみは驚くべき勢いで、のどや鼻の粘膜についた異物を除去することが分かっています。下の測定値は、花粉ではなく、風邪などのウイルスを飛ばす場合ですが、そのパワーを推し量ることができます。

除去技 飛距離 ウイルス除去数
せき およそ 2m 約10万個
くしゃみ およそ 3m 約200万個


見出し 鼻水・涙の役割とは?


鼻水・涙の役割とは?

くしゃみに続いて現れるのが鼻水。鼻の中に入った異物を洗い流すためのものです。普段、鼻水は1日に約1リットル出ていると言われています。花粉症では、その何倍も出てしまうのだから大変です。
こうしたことが眼でも行われると、涙がボロボロという状態になってしまいます。涙は普段、1日約2〜3ミリリットル。乾燥や異物から守るため、常に循環しながら「薄い膜」のように眼をおおっています。
鼻水・涙ともに、ウイルスなどの侵入を抑える役割を果たしています。

更新日:2014年12月4日

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。