healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
Q卵やイカを食べなければコレステロールはたまらない?


この答えはNO。コレステロールのとり過ぎは健康の大敵と言われるようになって久しいが、卵やイカなどコレステロールを多く含む食べ物を避けさえすれば大丈夫というわけではない。コレステロールはどのようにして体内に取り込まれるのか、また、体内でどんな働きをしているのか見てみよう。

見出し コレステロールの70%は体内で合成される

卵やイカはコレステロールを多く含む食品だが、そのすべてが体内に吸収されるわけではない。また、成人の身体が1日に必要とするコレステロールの量は1〜1.5g程度だが、そのうち食品からとるのは20〜30%。残りは、人間の体内で合成されているのだ。
コレステロールの吸収・合成のしくみ
コレステロールの吸収・合成のしくみ

コレステロールは砂糖や脂肪から合成される
体内には、卵やイカなどの食品から多くのコレステロールが摂取されたとき、体内で合成する量を減らす機能がある。しかしこれには個人差がある。また、高齢になるにしたがって低下することもあるため、コレステロールを多く含む食品を食べ過ぎないように注意することは大切だ。

しかし、上の図でわかるように、コレステロールは砂糖や脂肪からも合成される。つまり、コレステロールを多く含む食品だけを食べないようにしても、砂糖や脂肪分の多い食生活を送っている限り、コレステロール過剰は治らないのである。

見出し 体内で重要な働きをするコレステロール

いろいろな病気の原因いろいろな病気の原因になると、危険性ばかりが注目されているけれど、コレステロールは細胞膜やホルモンの原料になる、身体になくてはならない物質。極端に避けるとかえって悪影響を及ぼしたりするのだ。

コレステロールの3つの働き

その1 細胞膜や生体膜の材料になる
人間の身体がたくさんの細胞からできていることはご存知の通り(なんと約60兆も)。そのひとつひとつが中味がもれないような袋に入っている。コレステロールはこの袋にあたる細胞膜や生体膜の材料になっているのだ。

その2 ホルモンの材料になる
人間の身体の機能を周りの環境に合わせて調節する働きをするホルモン。コレステロールはこの材料のひとつでもある。特に、いろいろな栄養素を体内で利用するときの助けになる副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、女性ホルモンの材料として重要である。

その3 胆汁酸の材料になる
食物中の脂肪やたんぱく質の消化、吸収に大きな役割を果たしているのが胆汁酸という消化液。この胆汁酸もコレステロールを材料として作られている。ただし、胆汁に含まれるコレステロールの量が多すぎると、胆石を作ってしまい、胆汁の流れを悪くしたり、胆石症や胆のうガンの原因になることがある。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。