healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
自然のおいしさ再発見!


見出しドット「塩味ばっかり」から「豊かな味覚」へ

高血圧の予防・改善の食事で、まず取り組みたいのは、食塩を減らす事である。日本人は「塩食い人種」と言われるほど、しょっぱいもの好き。塩気がないと「まずい」気がしてしまう。しかし実際に減塩の食事に成功した人の話では「始めは味気ない気がしたが、慣れると素材が本来持っている味・うまみが解るようになった」と言う。さらに食品の栄養バランスを考え、色々なものを食べるようになったり、多彩な調味料を使うようになり、「味」の豊かさはむしろ広く深くなっていくものなのだ!

見出しドット役立つ!減塩のコツ

和食の時は、しょうゆか味噌味で
しょうゆや味噌には塩以外の風味があり、同じ塩分でも食塩だけの時よりおいしく感じる事ができる。注意したいのは「薄口しょうゆ」。減塩ではなく「薄口」との表示があるものは、塩分量はむしろ「濃口」より多い事もある。

酸味を活用!
レモンゆずすだちお酢などの酸味を使って味を整える。これらを使えば食塩を含まずに、サッパリと「オトナ」の味となる。

素材が勝負!
新鮮な素材を食べよう!素材が新鮮ならば、そのものに十分な「味」があり、調味料が少なくてもおいしいものだ。新鮮な刺身などはベッタリしょうゆをつけてしまっては、むしろ「もったいない」のでは?

温度が味をつくる
暖かいものは暖かいうちに、冷たいものは冷たいまま、食べ物が一番引き立つ温度で食べるようにする。暖かいものが冷めると舌に感じる味が少なくなるため、更にしょうゆや塩をかけたくなるもの。

しょうゆやソースは小皿にとって
しょうゆやソースなどを使う場合、食べ物に直接かけると、どうしても量が多くなってしまう。一度小皿にとって、そこにつけるようにすると塩分を抑えられる。

減塩の調味料を使う
最近はしょうゆだけでなく、味噌やソースなどにも「減塩」の調味料が増えているので、積極的に活用してみては?

味噌汁はだしをきかせて、具だくさんに!
だし汁を濃いめに使うと、それで「うまみ」を感じるため味噌は少なくて良い。具はたくさんにし「汁」をあまり飲まないようにする。洋風のスープも同様に。

「こく」のある味わい
ゴマ、くるみ、のりなど、風味と「こく」のあるもので味をつける。栄養的にもカラダに良い。調理方法でも、少しこげめをつけて香ばしくすると満足できる味になる。

香辛料の達人に
「香り」が味をより引き立てるので、塩気がなくても、とてもおいしく感じる。またハーブなどは、ヨーロッパでは薬として使われるほど、色々な効果がある。鉢で育ててみるのも楽しいかも?

塩分は一点集中!
一品に重点的に塩分を使い、他のおかずは無塩食にしてみる。コレでも満足感が得られる。

外食より内食
焼き肉、お寿司など外食の定番ものも、ウチで減塩にして作ってみる。外で食べる酢飯や、焼き肉のたれなどは、かなりの食塩が含まれている。ウチで作れば「高血圧に悪いから」と我慢しないでも、それらをおいしく食べる事ができる。

外食の時は定食派に
最近、若いOLにも人気の定食は、栄養のバランスもとりやすく、工夫しだいで減塩にも。刺身はワサビをきかせて、しょうゆを減らす。焼き魚には、しょうゆをかけない。フライもなるべくソースをかけず、カラシやレモンで。味噌汁の汁は残す事などができる。丼などの1品ものは、すべて食べてしまうため、どうしても塩分の調節がしにくくなる。

「表味」テクニック!
味覚は舌にのせた瞬間で大きく左右される。そこで表面にだけ塩味をきかせる「表味」のテクニックを使ってみる。炒め物や焼き物は、調理の最後に塩や調味料を加える。煮物は、まず「だし」でしっかり煮込み味をつけてから、最後の仕上げに塩やしょうゆを加え、表面に味をつけるのだ。

漬物は盛り鉢で出さない
漬物は本来、高血圧の人にはススメられない。しかし自家製の減塩に努めた漬物なら、たまには食べたいもの。その時、盛り鉢で出してしまうと、ついつい食べすぎてしまうので、小皿にとって食べる。自家製漬物は、酸味を足して上手に減塩しよう!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。