healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
止血の仕方

 

ケガ、特に切り傷などの応急手当の第1歩は止血にある。起こらないにこしたことはないものの、 いざというときに、知識があるとないのとでは大違い。簡単な止血方法を頭のカタスミに入れておこう。

見出し 直接圧迫止血法

STEP1
清潔なガーゼやハンカチ(できれば滅菌ガーゼ)を厚めに重ねて、傷口にかぶせ、その上から強く 圧迫して止血する。

直接圧迫止血法1
STEP2
包帯を強めに巻き、傷口を心臓よりも高くする


直接圧迫止血法2


見出し 止血点を圧迫する方法


止血点の場所

傷口からの出血には、次の3種類がある。深刻なのは3番目の「動脈からの出血」。この場合は、 傷口を直接圧迫するほかに、止血点(傷口よりも心臓に近く、外側から圧迫できる動脈部位)を圧迫して止血する必要がある。またこの場合は、止血と同時に救急車を呼び、一刻も早く病院で手当したほうがよい。
※ 止血点の場所は左のイラストを参照


毛細血管からの出血 赤い色でにじみ出るような出血。ほとんどの場合、放置しておけばそのまま止まる
静脈からの出血 赤黒い色でじわじわと出血。傷口を圧迫して止血
動脈からの出血 鮮やかな赤色で勢いよく出血。止血点を圧迫して止血する必要がある


止血点の圧迫方法

止血点の圧迫方法は、指で押さえる方法もあるが、次の方法もある。
この場合は、30分に1度、圧迫を少しゆるめて、血液が通るように してやること。
その際、止血した時間・ゆるめた時間を記録しておくとよい。


STEP1 傷口より心臓に近いところに三角布やタオル、 スカーフ、ネクタイなどを約5cmの幅にたたんで強く巻き、結び目に棒を通す。
STEP2 棒を回転させて強く しめつける。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。