healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
危ないいびき、心配ないいびき


見出し たかがいびき、されどいびき?
「いびき」というと、本人は起きるとケロッとしていて、回りが「うるさくて眠れなかったよーー!」というマンガ的なもののように思われている。実際、本人は健康だが、周囲にメイワクなだけという場合もあるが、本人のカラダにキケンな場合もある。熟睡できないのはもちろん、最悪の場合には突然死という事も。

何故いびきをかくの?
寝ている時、喉の回りや舌の筋肉がゆるんでたるみ、奥の方に舌根などが落ち込んでのどを狭めるため、空気が通る度に、のどの壁が振動していびきが起こる。特に上を向いている時や、口を開けて舌根が落ち込みやすくなっていると、いびきをかきやすくなる。
いびきをかいている人は、寝ている時に空気の通り道が狭くなっているので、もちろん良い事ではないが、規則正しく呼吸を続けているのならば「うるさい」という以外に、特に健康上の問題はない。

危ないいびき「睡眠時無呼吸」
心配しなくてはならないのは、睡眠時無呼吸という障害。7時間以上の睡眠中に、一時的に20〜40秒も続く呼吸停止が30回以上起きること。大きないびきのあと、突然無呼吸となり、その後、空気が抜けるような「ヒュー」という音や、「グググッ、ガー」と突然また大きないびきをかく場合は要注意である。無呼吸時の酸欠状態は、高血圧や心臓病を引き起こし、最悪の場合、脳卒中や突然死という事も!
最も考えられる原因は肥満。太っていればそれだけ、のどの回りに余分な筋肉がついて舌が垂れ下がりやすい。他に、あごやのどの形の異常、扁桃腺の肥大、睡眠薬やアルコールなどによる筋肉の緊張の低下が考えられる。以下のポイントを改善してみよう!深刻な場合は専門医へ。

いびき改善策
1.肥満解消
2.ストレス解消
3.お酒を減らす
4.鼻の障害に注意
5.体の抵抗力アップ
睡眠時無呼吸のいびきパターン
睡眠時無呼吸

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。