healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
私たちは毎日ダイオキシンを食べている


狭い国土で大量のゴミを燃やしているニッポン。ダイオキシン類による汚染は、ほかの国の10倍は高いと言われている。ゴミ焼却場は近くにないという人も例外ではない。ダイオキシンが私たちの体に入る経路の約98%は食物からと言われているからだ。


見出しダイオキシン摂取・約60%は魚から

1990年、大都市地域に住む人が1日に摂取するダイオキシン類の量を調査したところ、ダイオキシンとポリ塩化ジベンゾフラン(ダイオキシンと似た分子構造を持ち、毒性もある物質)の合計は体重1kgあたり3.72pg(ピコグラム。1兆分の1グラム)だった。
ただしこの調査は、やはりダイオキシンと似た構造で毒性もあるコプラナーPCBの摂取量を加えていなかったため批判が多いようだ。ある研究者がこのデータにコプラナーPCBの摂取量を加えてみたところ、体重1kgあたり12.45pgという結果が出ている。

ダイオキシンの摂取経路は、約98%が食物だと言われている。では、どのような食物からの摂取が多いのだろうか。その内訳は円グラフのようになっている。なんと、約60%を魚から摂取しているのである。ゴミ焼却の煙とともにダイオキシンは、川を流れ雨に混じって近海を確実に汚染しているのだ。
沿岸魚と市販魚のダイオキシン類を分析したところ、海岸に近いところに住んでいて、海の水の汚れに強い魚の濃度が高くなっているという報告もある。
日本とドイツの食物経由のダイオキシンと
ポリ塩化ジベンゾフランの構成比

日本ドイツ

見出しダイオキシンの安全基準はどのくらい?

下の表の「耐容1日摂取量」というのは、一生の間毎日体に入っても健康に害を与えない摂取量のことだ。ダイオキシン類の安全基準として注目されているが、国や省庁によってもバラバラなのが現状だ。
各国のダイオキシン類の耐容1日摂取量
国名など日本
厚生労働省
日本
環境省
WHO アメリカ イギリス ドイツ イタリア
耐容1日摂取量
(pgTEQ/kg/日)
4 4 1〜4 0.01 10 10
(目標値1)
1
厚生労働省資料より(一部抜粋)

問題がある日本の基準
ダイオキシンについてはまだわからないことも多いため、この数字は「当面のものとする」とのことわり付きだ。
ところで日本の場合、耐容1日摂取量の対象となっているダイオキシン類は、ダイオキシンとポリ塩化ジベンゾフランのみ。コプラナーPCBは含まれていない。しかし、日本ではコプラナーPCBが環境を汚染している量が特に多いため、研究者の間ではコプラナーPCBも対象に含めるよう求める声があがっている。
ちなみに、WHO(世界保健機構)では、1998年に耐容1日摂取量を10pgから1〜4pgに引き下げると同時に、コプラナーPCBも対象に含めるようになった。

アメリカの基準が厳しいのは、「発がん性」を認めているため
日本やヨーロッパ各国に比べ、アメリカの基準がケタ違いに厳しいのは、ダイオキシン類を「発がん性物質」と評価しているためである。「発がん物質」になると、安全基準の計算の仕方がかなり厳しくなるのである。一方日本やヨーロッパでは、ダイオキシン類は直接がんを引き起こすのではなく、ほかの物質と一緒になってがんを引き起こすのではないか(助がん作用)としているため、このような違いが出てくるのだ。

見出しダイオキシンを食べない出さない工夫が必要

我々の食生活は安全なのか
1990年の調査では、ダイオキシン類(ダイオキシン+ポリ塩化ジベンゾフラン)の摂取は1日体重1kg当たり3.72pgと推定されている。これなら日本のダイオキシン類の安全基準(耐容1日摂取量)内と、ひとまずほっとしたいところだが、コプラナーPCBを含めると一気に12.5pgになってしまうのだ。
しかし、1996年に調査したところ、コプラナーPCBを加えても1日体重1kg当たり約2pgと、ダイオキシン類の摂取量が急減していることがわかった。減った分のほとんどは、食物からの摂取量である。1990年の調査と比べると、ダイオキシン+ポリ塩化ジベンゾフランが約5分の1に、コプラナーPCBは約10分の1になっているのだ。
この理由について、ダイオキシン汚染そのものが減ったというよりは、汚染されていない地域からの輸入食品が増えたせいだと考えられている。

将来のことを考えた、真剣なダイオキシン対策が必要
ダイオキシンは簡単には分解しない非常に安定した物質だ。しかも、脂肪によく溶けるため、人の体に入ると脂肪組織に蓄積し、なかなか排出されない。1度体内に取り込まれると半分になるまでに5〜10年もかかるのだ。
だから、最近の調査で摂取量が減ったからと言って、そうそう安心していられない。1990年頃摂取しダイオキシンはしっかり体の中に残っているのである。

また、将来的に食品すべてを輸入に頼れるとは考えにくいし、海洋汚染を広がるに任せておけば、ほとんど魚が食べられないということも考えられる。ダイオキシンについては、我々は被害者でもあり、ゴミを捨てているという点では加害者でもある。他人事ではなく、自分の問題として考えていかなくてはならないのではないだろうか。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。