healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
1gで1万人が・・・? ダイオキシンは超猛毒物質

見出しベトナム戦争でも使われていたダイオキシン

ベトナム戦争時、アメリカ軍がジャングルの木々を枯らすために枯葉剤を上空から散布したいわゆる「枯葉作戦」。この枯葉剤の中に含まれていたのがダイオキシンである。

「枯葉作戦」という言葉、聞き覚えのある方が多いのではないだろうか。
ベトナム戦争時、アメリカ軍はジャングルの木々を枯らすため、ハービサイドオレンジという枯葉剤を上空から散布したのだ。
しかし、アメリカ軍の兵士のなかから健康異常を訴える者が続出し、この枯葉剤の使用は中止になった。しかも、ベトナム戦争後、散布の多かった地域で先天性奇形児の出生率が増えるなどの問題が起こった。

実は、この枯葉剤の中に含まれていたのがダイオキシンである。正確には2,3,7,8-四塩化ダイオキシン(2,3,7,8−TCDD)という物質。
アメリカでもベトナム帰還兵の健康障害やその子どもたちの奇形の発生などが問題になり、これを機にダイオキシンに関する研究が精力的に 行われるようになったのだ。

見出し1gで1万人が死ぬ!?

1g ダイオキシンの毒性は非常に強い。
例えば2,3,7,8-四塩化ダイオキシンの場合、モルモットの半数致死量は「0.6〜2.0μg/kg」と言われている。
ちなみにμg(マイクログラム)というのは100万分の1グラムのこと。体重1kgあたり0.6〜2.0μgの量で、実験したモルモットの半数以上が死んでしまうのである(モルモットは体重1kgもないので、1匹あたりの致死量はもっと少量)。
人間の致死量もモルモットと同じ(2.0μg)だと考えると、1gのダイオキシンは体重50kgの人を1万人殺す力があることになる。

2、3、7、8四塩化ダイオキシンによる半致死量の比較
モルモット 0.6〜2.0μg
マウス 130〜280μg
ラット 40〜60μg
ウサギ 115μg
ハムスター 5000μg
サル 50〜70μg
ただし、この致死量は動物によって随分差がある。表を見るとわかるように、同じような種類の動物でも致死量が何千倍も違うのだ。
どうしてこのような差があるのかはまだはっきりしていない。
従って、実際のところ人間の致死量がどのくらいか、正確な数値もわからないのが現状だ。

見出しじわじわと身体をむしばむダイオキシン

ダイオキシンは、青酸カリなどのように飲んですぐ死ぬというものではない。
死ぬまでに長い時間がかかり、その時間も動物によって異なるのが特徴だ。 モルモットで5〜42日、マウスで15〜24日という具合いである。
さらに恐ろしいのが、ダイオキシンの慢性毒性だ。致死量よりずっと低い濃度のダイオキシンでも、長期間摂取することによって慢性的な症状が現われてくるのである。

日本は、他国に比べダイオキシンの汚染度が極めて高い。しかし、人体に即影響を与えるほどの濃度ではない。 従って、現在問題になっているのはダイオキシンの慢性毒性の方である。
では、ダイオキシンによる慢性な症状とはどのようなものなのか。
→詳しくは不妊症、精子減少の原因はダイオキシンかをご覧いただきたい。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。